ホームページに関する費用

ホームページに必要な費用

ホームページというと、イニシャルコストとしての制作費用ばかりに焦点があたります。しかし、ホームページを公開し運用していくには、ランニングコストも必要となります。まずは、コストの全体像をつかんでください。

イニシャルコスト:制作費用*必須

ホームページを制作するための費用です。
当社は、着手時に制作費用の半金、納品後に残金である制作費用の半金をお支払いいただきます。

なお、ホームページ制作費用と一言で言いますが、この言葉が意味する範囲は制作会社によって異なります。
格安の制作会社の場合は、デザインとコーディング(プログラミング)の費用だけを意味します。
当社を含め格安制作会社以外の制作会社は、マーケティング、ライティング、写真撮影、動画撮影といった作業をどこまでやるかで料金プランを分けています。

ランニングコスト①:ドメイン費用*必須

xxx.co.jp、xxx.jp、xxx.com(当社はbc-sol.com)といったドメインを取得する必要があります。

ドメインを取得する会社によりますが、おおよその費用は次のとおりです。
・.co.jp・・・約4,000~10,000円
・.jp・・・約3,000~4,000円
・.com, .net, .bizなど・・・約1,500~2,000円

ドメインの取得を代行する制作会社もあります。しかし、制作会社名義での契約になってしまいますし、手続きの方法もシンプルですので、ムダな代行費用を支払う必要はありません。当社では、お客様ご自身で契約をしていただきます。もちろん、取得のサポートはしますのでご安心ください。

ランニングコスト②:レンタルサーバー費用*必須

ホームページは構成するページなどのファイルを公開することで、インターネット上で見ることができるようになります。ここで、各種ファイルを保存するサーバーをWebサーバーと言います。このWebサーバーを自社で準備しようとすると、セキュリティ対策が必要となります。悪意のある人にセキュリティの穴を見つけられると、Webサーバー経由で会社のPCにアクセスされて機密情報を盗まれてしまったり、といった重大な事態が起こる可能性があります。

そのため、ホームページを公開するためにセキュリティ対策やバックアップなどの必要な機能を備えたサーバーをレンタルしている会社から、レンタルして使用するための費用がかかります。

費用は月額500円台のプランで十分です。
レンタルサーバー契約もお客様ご自身で契約をしていただきます。

ランニングコスト③:運用サポート費用 *任意

ホームページを作るだけで成果が出ることは極めて稀です。実際の反応を見ながら必要な改善をすることで、より早く、高い確率で成果を出すことができます。

そのため、ホームページを公開後はアクセスを分析し改善するPDCAサイクルを回すことが大切になります。このPDCAサイクルを回すためのサポート費用となります。当社の場合、2万円/月です。
ご自身でアクセス数値を見て分析し、必要な改善を実行していく場合は、スポットで画像やコードの変更を対応します。

ランニングコスト④:広告運用費用 *任意

ホームページにアクセスを集める方法は大きく2つあります。
有料の方法と無料の方法です。

有料の方法は広告出稿となります。Googleのアドワーズ広告、Yahoo!プロモーション広告といったインターネット広告やFacebook広告やYoutube広告などさまざまあります。

広告はタイトルや説明文で反応が変わります。反応を見ながら広告運用のPDCAサイクルを回すための費用となります。当社の場合、3万円~/月です。広告費によって変わってきます。

ホームページ制作のご相談なら

求人コンサルティング、採用ホームページ制作、その他ホームページ制作、研修のご相談は神奈川県川崎市の株式会社ビーシーソリューションへ。

044-440-4994

【受付時間】平日9:30~12:00 13:00~18:30(土日祝祭日除く)

お問い合わせ
お問合せに対するお約束

お問合せ後、2営業日以内にご連絡させていただきます。

現状の課題やホームページ制作の目的など、詳しくお話を伺わせていただきますので、日程調整のうえご訪問して1時間程度お時間を頂戴します。ご了承ください。

また、しつこい営業は一切しないことをお約束します。

会社概要

所在地:〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月1-32-3 2F

TEL:044-440-4994

営業時間

営業時間:9:30~18:30(土日祝休み)

ページトップへ