採用・集客ホームページ制作は川崎市のビーシーソリューション

ホームページ基礎講座
ホームページに必要な費用

ホームページに必要な費用全体像

ホームページというと、イニシャルコストとしての制作費用ばかりに焦点があたります。しかし、ホームページを公開し運用していくには、ランニングコストも必要となります。まずは、コストの全体像をつかんでください。

イニシャルコスト:ホームページ制作費用*必須

ホームページを制作するための費用です。

この費用の対象は制作会社によって異なります。
格安のホームページ制作会社は、デザインとコーディング(プログラミング)の費用のみを意味します。
格安の制作会社以外は、企画、マーケティング、ライティング、写真撮影、動画撮影といった作業をどこまでやるか制作会社によって異なります。そのため、制作の対象にどのような作業が含まれているか確認が必要です。

ランニングコスト①:ドメイン費用*必須

xxx.co.jp、xxx.jp、xxx.comといったドメインを取得する必要があります。

ドメインを取得する会社によりますが、おおよその費用は次のとおりです。
・.co.jp・・・約4,000~10,000円
・.jp・・・約3,000~4,000円
・.com, .net, .bizなど・・・約1,500~2,000円

ドメインの取得を代行するホームページ制作会社もあります。しかし、手続きは簡単ですので、代行費用を支払って制作会社にやってもらう必要はありません。当社では、お客様ご自身で契約をしていただきます。もちろん、不安な場合は取得のサポートはします。

ランニングコスト②:レンタルサーバー費用*必須

ホームページは構成するWebページなどのファイルをインターネット上に公開することで、見ることができるようになります。ここで、各種ファイルを保存するサーバーをWebサーバーと言います。このWebサーバーを自社で準備しようとすると、セキュリティ対策が必要となります。悪意のある人にセキュリティの穴を見つけられると、Webサーバー経由で会社のPCにアクセスされて機密情報を盗まれてしまったり、といった重大な事態が起こる可能性があります。

そのため中小企業では、ホームページを公開するためにセキュリティ対策やバックアップなどの必要な機能を備えたサーバーをレンタルしている会社から、レンタルして使用するのが一般的です。

サーバーのレンタル費用はさくらインターネットとロリポップでは月額500円程度のプランで十分です。Xserverで1,000円程度です。
当社では、レンタルサーバーの契約もお客様ご自身で契約をしていただきます。

ランニングコスト③:運用サポート費用*任意

ホームページを作るだけで成果が出ることはほとんどありません。実際の反応を見ながら必要な改善をすることで、より早く、高い確率で成果を出すことができます。

そのため、ホームページ公開後はアクセスを分析し改善するPDCAサイクルを回すことが大切になります。このPDCAサイクルを回したり、ホームページの必要な修正をするための費用となります。

ランニングコスト④:広告運用費用*任意

ホームページにアクセスを集める方法は大きく2つあります。
有料の方法と無料の方法です。

有料の方法は広告となります。Googleのアドワーズ広告、Yahoo!プロモーション広告といったインターネット広告やFacebook広告、Youtube広告などさまざまあります。

広告はタイトルや説明文で反応が変わります。反応を見ながら広告運用のPDCAサイクルを回すための費用となります。広告費の総額によって広告運用費用は変わってきます。

ランニングコスト⑤:SEO対策費用*任意

SEO業者に依頼して、特定のページを特定のキーワードで検索結果の上位に表示されるようにするための費用です。SEO業者によって料金設定の仕方が違うのでよく分かりません。

ページトップへ