GoogleのWebサイトを登録する方法を知って検索結果に表示する

google関連

投稿日:    更新日:

Webサイトを作っても、Googleに登録していないために
・GoogleでWebサイトを認識するのに時間がかかったり、
・ページを追加したりブログを書いてもなかなか検索結果に出て来ない、
そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Web制作会社に外注している場合は、制作会社が最低限すべきことは登録してくれているはずです。しかし、Webサイトを自作した方や、デザイナーさんに作ってもらったという方には登録できていないケースがあります。

せっかく作ったWebサイトですから、Googleで必要な登録をしっかりして、検索結果になかなか表示されないという機会損失がないようにしていきましょう。

検索システムはGoogleをおさえれば大丈夫

検索エンジンには、GoogleだけでなくYahoo!もありますよね?と思うかもしれません。
日本で考えれば、googleとYahoo!が突出して有名な検索エンジンでしょう。Yahoo!(厳密にはYahoo!Japan)はGoogleの検索システムを採用しています。

そのため、検索エンジンの仕組みを知るには、Googleの仕組みを知れば十分となります。この記事を読む人は、SEO対策会社のような専門家になるのではないはずです。あくまで、自社ホームページを運用していく上で、最低限、知っておくべき情報を理解すれば十分です。

GoogleがWebサイトを認識する方法

インターネット上には10億を超えるWebサイトが存在すると言われています。そんな膨大なWebサイトを検索エンジンはどのように把握しているのでしょうか?そして、追加される新規のWebサイトやWebページはどのように認識しているのでしょうか?なんだかすごいシステムがありそうな気がしますよね?

Webサイトの数から考えても、人間の目で何とかできる気はしないですよね。きっと、何かしらのシステムがあるはずだと。そうなんです。クローラーと呼ばれるインターネット上を巡回するロボットを使用しています。

Webサイトは色々なリンクが貼られています。自社のサイトから他社のサイトへのリンクが貼られていたり、他の人のブログにリンクを貼っていたり。インターネット上では、クモの巣のようにWebサイト同士がリンクによって結びついています。クローラーは、このリンクを辿って、様々なWebサイトをクロールしています。水泳のあのクロールです。リンクを泳いで、色々なWebサイトを認識しているのです。

このクローラーがWebサイトを巡回したときに、検索エンジンにインデックスします。インデックスは、日本語だと索引の意味になりますが、イメージとしては検索エンジンに索引があって、その索引に各Webサイトの情報、正確にはWebサイトの各Webページの情報が登録されます。索引がないと、10億を超えるWebサイトの中から、何かを検索したときに、検索結果を表示することなんてできませんよね。

Googleなどの検索エンジンは、索引を作ってどのWebページはどんなキーワードに関連するページか、つまり、検索ユーザーのどのようなニーズに役に立つ情報か、ということを登録していくのです。そこの詳細な仕組みに関しては、完全にブラックボックスなので分かりません。

いずれにせよ、クローラーと呼ばれる巡回ロボットにインデックス(索引)として登録するためのプログラムが施されていて、それによってGoogleはWebサイト(各Webページ)を認識しているのです。

新しく作ったWebサイトをGoogleに登録する方法

「さまざまなリンクをクローラーが遊泳して、Webサイト、Webページを認識するのは分かった。でも、それはリンクが貼られているのが前提。リンクが貼られていないような、新しく作ったばかりのWebサイトはどうやってGoogleは認識するの?」そんな疑問を抱いた方もいらっしゃるでしょう。

新しく作ったWebサイトは、大海に浮かぶ陸の孤島みたいなものです。まだその存在をしられていない。だから、その島にやってくる人はいない。つまり、クローラーはやってこないのです。

ということは。ここに島がありますよ!と手を上げて、その島を登録してもらわないといけないのです。
Webサイトを登録するのが、「Google search console」です。登録したいurlを入力して追加すればよいのです。

Googleに登録される日数

「Google search console」でWebサイトのurlを登録をしたら、その瞬間に登録が反映されるかというと、そうではありません。

どういう意味かというと、Webサイトのurlを登録して、あなたの会社名をGoogleで検索したとします。その時に、あなたの会社のWebサイトが検索結果一覧に表示されるかどうか、ということです。実は、これ、数時間で登録されることもあれば、1週間近くかかることもあります。そして、この日数は「Googleのみぞ知る」状態で、ユーザーにはコントロールできないのです。

ですから、「昨日ホームページを公開したはずなのに、検索しても自社のホームページが結果に表示されない。どうなっているんだ!」とイライラしないようにしてください。これは待つしかありません。

しかし、本当に何も手を打つことができないのか?というと、できることはあります。

Googleに登録を促進する方法

先ほどの「Google search console」にFetch as Googleという機能があります。
これは何かというと、「Googleさん、早くインデックスするためにクロールに来てくださいね」と申請をすることです。

Googleに更新内容を早く認識してもらう

本来は、Webサイトにクローラーが自然ときてくれて、インデックスされるのが良いです。本当に作ったばかりのWebサイトなら仕方ないですが、運用をはじめてある程度期間が経過しているWebサイトであれば、その状態を作るべきです。

いくらシステムで自動化されているとはいえ、膨大な数のWebサイト、Webページがありますから、Googleもすべてに平等にクロールさせることはできません。

どんなWebサイトなら頻度を高くクロールさせて、検索結果により早く表示させたいとGoogleは考えるでしょうか?

頻繁に更新があって、検索ユーザーによく閲覧されるWebサイトではないでしょうか?

本質的な対応としては、更新をちゃんとしましょう!
検索ユーザーの役に立つ、価値ある情報を提供しましょう!
ということになります。

他に、Googleがクロールする上でいかに親切にしておくか?という観点があります。

XML sitemapを使って、googleにWebサイトの構成を知らせて、追加や変更などの更新があったときに知らせることができるようにしておくのです。

sitemapがあれば、クロールさせるのも簡単だと思いませんか?全体の構成がこうなっていて、今回、どのディレクトリの下にどのページが追加された、ということが分かれば、効率的にクロールできるのは想像に難くないでしょう。

まとめ

・googleはインターネット上のWebサイトを認識するために、クローラーと呼ばれる巡回ロボットを使っている。
・クローラーはリンクを辿ってリンクで繋がっているWebサイトを回遊して、Webサイトやその各Webページをインデックス(索引登録)する。
・インデックスは、Webページの内容がキーワードの関連性などで行われる
・新規のWebサイトはリンクがないため、google search consoleでurlを登録する
・登録したからといって即時反映されるわけではなく、数時間から1週間程度かかることもあり、googleにしか分からない
・早くインデックスするために、Fetch as googleでクロールの申請をすることはできる
・本質は、クローラーが頻繁に巡回するような更新性の高いWebサイトを構築すること

この記事を書いた人

代表写真

馬場 宏

インターネットに情報が氾濫する時代。テクニックやノウハウを追い求める人が多いことを憂う。中央省庁勤務時代に磨いた本質思考を武器に、テクニックやノウハウの背後にある普遍的な考えに基づくコンサルティングとWeb制作を行うことを得意とする。お客様に寄り添いながら、しつもんを駆使して問題解決を行う手法に定評がある。

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ