整体院で開業するならホームページを作る前にとるべき戦略とは?

マーケティング

投稿日:    更新日:

はじめに

独立して、整体院、接骨院、鍼灸院・・・いわゆる治療院で開業するなら、
ホームページを作ることより先にとるべき戦略があります。

しかし、整体院や接骨院、鍼灸院などの治療院、エステサロン、美容院といった店舗ビジネスで開業するにあたり、強迫観点的にホームページを作らないといけないと思っている方が多くいらっしゃいます。

本当にホームページは必要でしょうか?
必要と思うのであれば、それはなぜでしょうか?
なぜ、開業前や開業してすぐのタイミングで必要と思うのでしょうか?

ほとんどの方は「集患のために必要だから」とお答えになるでしょう。
でも、もし、時間とコストをかけてホームページから集患できなかったら?
同業の整体師から、「実際にまったくホームページ経由で予約や電話が来ない」という話を聞いたことはないでしょうか?

ホームページは作らなくてよい、とは言いません。
しかし、開業当初に時間とコストをかけて作るものではありません。

では、開業当初に採用すべき集患戦略とは何かをお伝えしていきます。

整体院の独立開業の現実とは

勤務していた整体院や接骨院、鍼灸院を辞めて、独立開業しようとなったら、
ホームページを作ったり、新規開店の折込チラシを入れたり、ポスティングをしますよね。

99.9%の方がやるはずです。勤務していた整体院や接骨院から合意を得て、多くのお客様を連れて独立開業できた場合を除けば。

そして、最初の1ヶ月は・・・
チラシの効果が出て、きっと集患に困ることはないでしょう。

新しい整体院ができたのか、ちょっと覗いてみよう・・・といった感じで来院する患者様が少ないからです。

で、思うわけです。
患者様が集まるか不安だったけど、結構簡単じゃないか!と。

しかし、2カ月目にはご祝儀来院、新しいもの好き来院の波がおさまり始めます。
またチラシを配れば集患できると思って、チラシを作って折込チラシやポスティングをする。だけど、新規開業のチラシと違って、ほとんど反応がなく、来院がない、、、
そんな状況になります。

整体院のホームページを直せば集患できるはず

そこでどこにたどり着くかというと・・・
ホームページの修正です。

先ほど書いた1ヶ月目の集患のポイントは、チラシの効果で集患できているということです。ホームページから予約があっても「チラシを見たのをきっかけにホームページも見た」程度で、正直、ホームページが無くてもほとんど集患数に変わりはないのです。

しかし、根拠としての数値データを把握したり、患者さんから話を聞いていなければ、この事実に気付くことができません。

そのため、ホームページを「もっと綺麗にすれば」「もっと今風な感じにすれば」「もっとブログをたくさんアップすれば」「もっと・・・」となって、ホームページを直し始めてしまうのです。

来院する患者様が減っていることで、営業時間中に暇な時間ができてしまうのも、そうした行動を助長させてしまいます。

でも、これは完全に誤ったアプローチです。
ホームページを少し直したり、ブログをアップすることで劇的に状況を変えることは難しいです。

検索上位に表示される競合店のホームページをご覧ください。
ほとんどホームページの構成要素は同じです。
集患できる整体院のホームページのひな形、テンプレートは数年前から固まってきていて、それを真似してみなさん作っていますから。

しかも、たくさんの患者様に施術をして得られたフィードバックやお客様の声を集めて、それをホームページに掲載しています。
ホームページの構成要素だけでなく、それぞれの要素をどのようなコンテンツにするとより集患に繋がるか?を分析し、改善を続けてきたホームページになっているのです。

そこに、開業数カ月の整体院が、患者様の来院が少ないからとホームページに色々と手を付けても、なかなか成果に繋がりにくいのは想像できるのではないでしょうか?

また、チラシで集患できないのに、ホームページなら集患できるというのもおかしいと気付くはずです。

チラシは投函すれば、見ないで捨てる人もいますが、さらっとでも見る人は一定数います。
ホームページは、アクセスされるかどうかも分からなければ、アクセスした後にホームページの内容を読んでもらえるかどうかも分からないのです。

明らかに難易度の高いホームページにも関わらず、ホームページを修正して集患しようというのは、かなり無謀な戦略です。

開業したら効果の高いチラシを作って整体院に集患する

ホームページを修正することに時間とコストをかけたり、ブログを書くのに時間を費やすことより、、、
効果の高い、集患率の高いチラシを作ることを目指すべきです。

チラシを作って、ラクスルなどで印刷するだけなら、たいした金額にはなりません。折込チラシをするなら1枚5~6円程度かかりますが、ポスティングをするなら印刷コストだけです。

正直、ホームページをいろいろいじっても1人も集患できない可能性はかなりありますが、折込チラシやポスティングをして1人も集患できないことはないはずです。よほどチラシがひどくなければ。

独立して整体院を開業する方の多くは、何かしらご自身の治療方法に患者様の状態を良くできるという自負があって、それで多くの患者様の症状が改善されるお手伝いをしたい!という想いで開業しているはずです。

そのご自身の施術について、患者様に伝わる形でチラシに落とし込むのです。
チラシを配布して、配布枚数と集患数から集患率を見て、改善していくのです。
患者様に伝わる形であることが重要です。

〇〇〇メソッドとはどんな施術なのか?といったことではありません。それは患者様には関係ありません。患者様に必要なのは、今の症状が改善されること、症状が緩和されること、症状がなくなっていくことです。施術方法は何でも良いのです。

たとえば、あなたも集患できれば方法は何でも良いはずです。
チラシでも、ホームページでも、アメブロでも、はてなブログでも、Facebookでも、Twitterでも、Instagramでも・・・。ホームページからの集患でなくちゃダメなんです!という方はいませんよね?

もし、あなたが患者様の立場だったら・・・
どんなチラシだとこの整体院に行ってみよう!と思いますか?

施術中の患者様との会話に集患率の高いチラシを作るヒントがある

よく患者様とプライベートなトークをしましょう、と言いますよね。
でも、これ本当でしょうか?

プライベートな話をして自己開示をすることで、患者様の信用が得られたり、関係性ができる。そんなことが言われます。
ご自身の自己紹介として話をするは良いです。でも、施術を受ける側にとってみれば、初めて行った整体院で施術中にこちらのプライベートに関する話をされても、、、正直、困ります。

これは、私自身、整体院に行ったときに感じることです。美容院でも同じことが言えます。
初めて会った人に、プライベートなんて正直に答えられるか!って思ってます。なので、テキトーに答えます。あ~、静かにしてくれないかなって思いながら。

一方で、施術中に専門家として話をしてくれる方は、すごく信頼してしまいます
患者側の立場からすれば、素人なので事実かどうか分かりません。でも、専門家にアドバイスしてもらったり、いろいろこちらかも質問して答えてもらえると嬉しいです。

そんなことはもちろんした上で、プライベートトークをしているんだ、という方もいらっしゃるでしょう。
であれば、専門家としての話に、もっと時間を割きましょう。
患者様が伝えた症状に対して答えるだけでなく、そこから真の問題を見つけるように掘り下げていろいろ質問してください

実は、このやり取りの中に、患者様が増えるヒントがたくさんあるのです。
掘り下げていく中で、患者様の本当の悩み、辛いことが、患者様が使う言葉で分かってきます。患者様が本当に知りたいことが分かるようになります。専門家として何を伝えると患者様が喜ぶのか分かるようになります

これらが分かると、集患できる反応率の高いチラシが完成します。

そうしたら、ホームページを作れば良いのです。チラシで反応が取れている内容ですから、ホームページでも反応が取れるものに必然的になります。そのうえで初めて、ホームページでの見せ方とか、より予約しやすくするホームページの構成の仕方とか、もろもろのホームページを作るうえでのテクニックを活かして作れば良いのです。

ホームページを作ろうとすれば、時間もコストもかかります。
時間とコストを効率的に使って、多くの患者様を集患し、あなたの施術によって多くの患者様の悩みを解決してあげてください。

この記事を書いた人

代表写真

馬場 宏

インターネットに情報が氾濫する時代。テクニックやノウハウを追い求める人が多いことを憂う。中央省庁勤務時代に磨いた本質思考を武器に、テクニックやノウハウの背後にある普遍的な考えに基づくコンサルティングとWeb制作を行うことを得意とする。お客様に寄り添いながら、しつもんを駆使して問題解決を行う手法に定評がある。

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ