採用・集客ホームページ制作は川崎市のビーシーソリューション

目的を見失うと表面的なテクニックやノウハウに踊らされる

その他

投稿日:    更新日:

ビジネスをする上ですべてことには目的があります。
ホームページ制作の仕事をしていると、残念ながら当初の目的を見失ってしまい、目先の表面的なところばかりに目が行ってしまう方がいらっしゃいます。

そんなときには、一度、目的に立ち戻って考えていただけるように質問を投げかけます。

でも、自作でホームページを作っている人や自分でホームページの運用をしている人は、自問自答しながら方向修正をしていかなければいけません。誰かが助けてくれるってことがありませんので。

ホームページを作る目的はなんですか?

あなたがホームページを作る目的はなんでしょうか?

・問い合わせをしてもらうことですか?
・資料請求をしてもらうことですか?
・講座の申込みをしてもらうことですか?
・商品を購入してもらうことですか?
・会社の認知度を高める(ブランディングする)ことですか?
それとも?、、、

中には、本質的な目的は「お客様の問題解決のお役に立つ情報発信すること」じゃないの?という方もいるでしょう。

そういう方には、もう1つ質問です。
なんのためにお客様の問題解決のお役に立つ情報を発信するのでしょうか?

あなたの会社が見込み客の抱えている問題を解決できる会社だと分かってもらって、あなたの会社にサービスの問い合わせをしてもらったり、商品を購入してもらったり、そんな会社があるんだと認知度を高める、、、といった目的のためではないでしょうか?

ホームページは販売促進や広報、宣伝などのツールです。
そういう意味では、最終的には会社の売上・利益アップにつなげることが大きな目的で、その目的を達成するための1つのツールとなります。

まず、あなたにとってホームページの目的を明確にしましょう。そのためには頭の中で考えるだけでなく、きちんと言語化し、明文化しましょう。

ホームページを構成するすべてのものに目的がある

ホームページの目的を達成するために、ホームページを構成するすべてのものに目的があります。

・ホームページのタイトル
・ホームページの説明文
・各ページのタイトル
・各ページの説明文
・各ページの段落構成
・各ページの文章
・各ページの画像
・・・
※ブログ記事は各ページに含まれると考えてください。

すべての項目を作ったり、改善するときに、その項目の目的を意識するようにしてください。

なんのためにこの項目があるのか?目的を達成するために、どんな内容(構成・文章・画像)にすべきか?考えたうえで、それは、最終的に達成したい目的につながるか検証してください。

テクニックやノウハウは目的から逸脱させる危険がある

目的を意識していないと、テクニックやノウハウに流されてしまうことになります。

よくあるのは、目的そっちのけでSEOのテクニックに流されてしまうことです。例えば、ページ内に対策したいキーワードを〇%書かなければいけない、みたいなテクニックだけに焦点をあわせてしまうことです。キーワードを意識して書くことは大切ですが、〇%という比率に引きずられるとキーワードの数を増やすために余計な文章を書いてしまうことが往々にしてあります。

仮にそれで検索結果の上位に表示できても、目的がよく分からないページだと、ページを訪問してくれた見込み客に取ってもらいたい行動(問合わせする、資料請求するなど)を取ってもらえない可能性が大です。

SEOに限らず、マーケティングやコピーライティング、デザインにしても、あくまで目的を達成するためのツール・手段に過ぎません。手段を目的化すると、手に入れたい結果が手に入りにくくなります。

まとめ

・常に本質はどこにあるか意識しましょう!
・ホームページを作る、改善するときは、ホームページの目的を達成するために必要なことなのか?を考えましょう。
・ホームページを構成するすべての項目に目的があるので、なんとなく書いたり、とりあえず画像を入れたり、するのはやめましょう。
・SEOやコピーライティングはテクニックに溺れてはいけません。
・あくまで目的達成のためのツール・手段として活用しましょう。
そうすれば、あなたのホームページの大きな目的を達成できる可能性が大いに広がりますよ。

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ