採用・集客ホームページ制作は川崎市のビーシーソリューション

求職者に伝わる魅力や特徴を見つけて求人募集を増やすには?

求人・採用

投稿日:    更新日:

求人募集があつまる会社は、自社の魅力や特徴を求職者にうまく伝えています。

ポイントは、求職者にとって魅力を感じる内容になっていることです。しかし、多くの会社の求人票や求人広告をみると、残念ながらそうなっていません。

では、どうすれば求職者にとって魅力を感じる魅力や特徴をみつけ、伝えることができるか?
まずは、動画をご覧ください。

競合他社は求職者に魅力をどう伝えているか

あなたは競合他社がどのように求人募集をしているか知っていますか?

ハローワークを使っていたり、CMで有名なIndeed、タウンワークなどの求人サイト、新聞の折込広告、、、求人募集するための方法・媒体はたくさんあります。

ハローワークで出している求人票や求人サイトの求人広告なら、オフィスで検索すればその内容をチェックできます。

試しに競合他社3社の求人票か求人広告を実際にみてください。
そして、求職者になにをどうPRしているか確認してみてください。

驚くことに、ほとんど同じような魅力や特徴を伝えています。

これでは、数多くある求人募集情報の中に埋もれてしまいます。

求職者の心に響く魅力はどうやって見つけるか

視点を変えるだけです。

求職者にスルーされる魅力や特徴は、求人企業視点で一方的に「こうに違いない」と考えて書いています。

一方で、求職者を惹きつける魅力や特徴は、求職者視点で「実際にこれが魅力的だった」という事実に基づいて書いています。

そうです。仮説ではなく、事実に基づいているのです。
この違いは大きいです。

事実に基づく、ということでピンときた方もいるでしょう。はい、社員にヒアリングすれば良いのです。できれば、入社年次の若い人がいいです。年齢ではないです、入社年次です。入社から年数が経っていない方が、当時の想いをよりリアルに思い出せるからです。

どんなふうに社員にヒアリングすれば良いかは、動画の中で紹介していますので参考にしてください。

この記事と一緒によく読まれている記事

・求人応募が集まる方法を探す前にやるべき募集内容を改善するポイント

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ