採用・集客ホームページ制作は川崎市のビーシーソリューション

ハローワークで建設業の職人から応募がくる求人票の書き方6つのポイント

求人・採用

投稿日:    更新日:

はじめに

・どうせハローワークで求人をお願いしても職人から応募なんてこないよ・・・
・最近は職人もスマホで仕事探しているから、ハローワークじゃ期待できないよ・・・
・ハローワークの求人票をみて応募してくる職人は、どうせ採用しにくい人材ばっかりでしょ・・・

建設業の職人だと、このように「ハローワークで求人票を取り扱ってもらって応募を獲得する」ことに対して、後ろ向きな考えの会社が多いと思います。

職人の求人になかなかコストをかけられないため、やむなくハローワークを使わざるを得ない、という会社もあるでしょう。

ハローワークだけで欲しい人材を必要な人数集めるのは、現実的に難しいです。求人票の書き方を工夫するだけで、十分な人材確保ができるような内容を書いている人もいますが、そんな無責任なことを私は言えません。

ハローワークは、使い方次第では採用予定人数の一部の応募を獲得できます。他の媒体を組み合わせて求人の導線を作れば、さらに応募を上積みできます。その方法を解説します。

職人に求人票をみてもらわない限り応募はこない

最初にこれだけは共通認識をもっておきたいと思います。

建設業の職人でも、システム開発会社のSEでも、アパレル会社のデザイナーでも、どんな業界のどんな職種であっても、求人応募がくるのに必要なのは、、、

求人をしていることを知ってもらうこと
つまり、求人票・求人情報を見てもらうことです。

たしかに建設業の職人の仕事を探している人で、ハローワークに足を運んで求人票をみる人は少ないです。ハローワークのインターネットサービスで求人票をみる人もそこまで多くないです。

少ないですが、ゼロではない。これが大切な事実です。

今現在、思ったように職人から求人応募が来ないのであれば、一人でも多くの人に求人票・求人情報をみてもらう努力が必要です。そのために使える媒体があれば使い倒すべきです。

そして、たとえ人数が多くなくても、職人が求人票をみたら「この会社に応募したい!」と思う確率の高い求人票にしておくのが重要です。

ハローワークで建設業の職人の求職をしている人へ魅力や特徴を棚卸する

ハローワークの求人票の書き方をみていく前に、とっても重要なことがあります。

それは、あなたの会社の魅力や特徴を棚卸することです。職人の仕事を探している人にとって、あなたの会社の魅力はなんでしょうか?あなたの会社の他社と違う特徴はなんでしょうか?

「うちは小さな会社だから、魅力とか特徴と言われても特にないよ。そんなのある程度大きな会社にならないとないでしょ。」このようにおっしゃる建設業の経営者の方に多くお会いしてきました。

でも、いろいろお話をうかがうと、必ず、その会社なりのPRできる魅力や特徴は見つかります。「嘘つけ!」と思うかもしれませんが、本当です。もし、本当に本当になんの魅力も特徴もないと考えているなら、職人から応募がこないのは当然です。今この瞬間に考え方を変えてください。あなたの会社にも必ず魅力や特徴があると。

その理由は、「職人の仕事を探している人」と一言でまとめてしまうと見えてきません。しかし、実際、会社ごとにどんな職人が欲しいかが違います。欲しい人が変われば、その人にとって響く魅力や特徴は変わってきます。

あなたの会社の魅力や特徴はお客様や自社の職人が知っている

あなたの会社の魅力や特徴を棚卸するときの注意点があります。

それは経営者や求人・採用担当だけで棚卸ししないことです。これは超重要です。たいてい、経営層や事務方と現場の職人が考えている魅力や特徴は違うものだからです。

ハードルが低い方として、まずは自社の職人に話を聞いてみましょう。アンケートをとってもいいですが、職人は面倒だと思って適当に書いてしまうケースが多いので。

・「なんでうちの会社に入ったの?」
・「なんでやめずにうちの会社で働いてくれているの?」
・「知り合いで職人の仕事を探している人がいたら、うちの会社をなんて言ってススめる?」

こんな感じの質問をしてください。

答えを聞いたら追加で質問してください。

「それだけ?他にもない?」

「そっすね。なんかあるかな。あ、魅力なのかどうかわかんないすけど、〇〇っすかね。」一度答えに詰まって、そのあとに出てきた答えが、その職人にとって感じている魅力や特徴の本音です。この〇〇に入ってくる言葉は、それまでに出てきた答えの言葉よりも、生々しい言葉で感情に訴える言葉になります。この言葉を探し当てましょう!

もしできるなら、お客様にも聞いてみましょう。

2次請け、3次請けの場合は、自社が仕事を請けている会社や元請けの会社。直請けでやっていれば直接お客様に。職人に聞くのと違ってハードルは高いですよね。

聞けるようなら、「うちの職人たちどうですか?どんなところが良いですか?」とプラスの面を聞いてみてください。これだけ聞くのがなんか変だなと思うなら、「職人に今後のフィードバックをするのに、改善したら良い点とここは良かったという点を教えてください。」と聞いてください。改善点を聞いて、次に良かった点を聞くのがコツです。

人は後に考えた方のイメージが強く残ってしまうからです。あとに良かった点を聞くことで、良いイメージの方を強く残すことができます。

ハローワークで建設業の職人の求職をしている人の不安や願望を知る

次に、ハローワークでも、その他の求人媒体でも共通して必要なことがあります。

それは、求職者である職人が応募するかどうか決断するにあたり「どのような不安を持っているか?」「入社後の将来にどのような願望を持っているか?」を把握することです。

職人の求人でハローワークを使う場合は、基本的には転職ですよね。転職であれば、今の会社でなにかしらの問題を抱えているのです。仕事の内容かもしれないし、人間関係かもしれないし、給与や福利厚生などの条件かもしれません。このまま働いていてもやりたい仕事ができない、技術がこれ以上伸ばせられない、将来的に独立したいけど認めてもらえないなど、描いた将来が手に入らないからかもしれません。

ここをしっかりリサーチしておかないと、表面的な求人票の書き方の真似したところで応募はきません。仮に応募が来て入社しても、思っていたのと違ったといってすぐに辞められてしまいます。転職者の職人の離職率が高い建設業の会社の多くは、表面的なテクニックを使っていることが大きな1つの原因になっています。

ハローワーク求人票の具体的な書き方6つのポイント

さあ、ハローワークの求人票を書く準備ができました。いよいよ、具体的な求人票の書き方です。

求人票は、「求職者である職人の不安を取り除き、入社後の未来にワクワクしてもらう」ように書いていきます。具体的には6つの記入欄の書き方になります。

建設業の職人の求人票:職種欄の書き方

まず、職種欄です。おそらく、鳶工、鉄筋工、型枠工、解体工、左官・・・のようにいわゆる職種名だけを書いていると思います。しかし、ハローワークの求人票の職種欄は28文字入るので、職種名だけだともったいないです。

たとえば、大手ゼネコンの現場での工事を売りにしているなら、「大手ゼネコン現場を中心に働く鳶工」みたいな書き方です。国の重要文化財の工事を売りにしているなら、「国の重要文化財の工事に携われる鳶工」みたいな書き方です。

ハローワークの求人票の書き方を解説しているサイトでも、ほとんど職種欄は触れていませんが、誇大広告や嘘の広告にならない限り基本的に自由に記入できます。職種欄も差を付けられますので、意識した書き方が必要です。

建設業の職人の求人票:仕事の内容

ハローワークの求人票では、一番目立つ欄であり、最重要といっていいでしょう。ですから、しっかり書き方をマスターしましょう。

ハローワークの求人票の仕事の内容欄は27文字×11行で297文字入ります。多くの建設業の会社の求人票はこの297文字をムダに使っています。わざわざハローワークが求人申込書の記入例に「文字数が多いほど応募者が多いという調査もあります」と書いてくれています。それだけこの297文字を有効に活用した書き方をしなければならないのです。

繰り返しになりますが、ポイントは不安を取り除き、入社後のワクワクを感じてもらえる書き方にすることです。

建設現場での足場の組立、解体及び鉄骨立て方

みたいな書き方ではダメです。

主にビルやマンション、商業施設など大規模物件の建設現場
での足場の組立、解体および鉄骨建て方をします。有名な物
件が多いので、家族に自分が建設に関わったと自慢できる現
場での仕事となります。
安全面に関しては、職人が安心、安全、快適に作業できるよ
う最新の足場技術、足場資材を積極的に取り入れています。
また、職長が中心となって、見て覚えろではなく、きちんと
スキルを継承するようにしています。
そんな大規模物件の現場に関わりながら、最新の足場技術で
安心、安全、快適に作業ができ、確実にスキルアップもでき
る仕事です。

みたいな書き方です。

「鳶の仕事は続けたいけど、今の会社だと安全面が心配。」と思っている人や「職人特有の、技術は見て盗め、で全然教えてくれないのがいい加減嫌になってきた。」と思っている職人が見たら、魅力的に感じますよね。

建設業の職人の求人票:事業内容

ハローワークの求人票の事業内容欄は30文字×3行で90文字入ります。90文字分を使い切る気持ちで書きましょう。

鳶、土工事業及びコンクリート工事、鉄骨工事業

みたいな書き方ではダメです。

鳶、土工事業及びコンクリート工事、鉄骨工事業を行っています。
建設現場は東京、埼玉、千葉の1都2県。遠方の現場はありません
。また、案件も豊富にあるため、仕事が切れる心配はありません。

みたいな書き方です。

「ただでさえ建設現場は朝が早いのに、現場が遠いところが多くて今の会社は辛い」「独身だからいいけど、今の全国を飛び回る生活は今後を考えたらできない」「今の会社は案件の波が大きくて、仕事が切れるときがあるので、収入面で正直厳しい」と思っている職人が見たら、いいなぁこの会社と思いますよね。

建設業の職人の求人票:会社の特長

ハローワークの求人票の会社の特長欄は30文字×3行で90文字入ります。

自社の特長を2つか3つに絞って書きましょう。3つだと1つの特長を30文字で説明できます。

人材育成に力をいれており、教育体制が充実しています。
職人同士仲が良く、社員旅行やBBQなど社内行事も多いです。

これはもったいない書き方です。会社の特長欄ですので、他社との違いをもっと具体的に書かないと特長として伝わりません。

入社後は当社兄弟制度に基づき先輩職人とペアを組み、技術だけで
なくお客様対応も学べます。また、社内行事は職人が企画して実施
しているため、参加率も高く、職人同士の絆も深い会社です。

文字数の制限はありますが、少しでも具体的な書き方をします。

「なんか今の会社はほったらかしで、だれかに聞ける空気でもない。先輩は怖いし。やり方を教わるのに毎回気が疲れる」「職人同士仲が良いと聞いて今の会社に入社したけど、全然仲良くない。イベントはあるけどみんなイヤイヤ参加している感じで、なんか自分も嫌な気分になる」みたいな職人にとっては、「兄弟制度?なになに?」「イベントを職人が企画?おれもやりたいことあるんだよね」といった感じで興味・関心をもってくれるはずです。

建設業の職人の求人票:特記事項

仕事の内容欄に続いて大事だと言われている欄が、特記事項欄です。

ハローワークの求人票の特記事項欄は27文字×8行で216文字入ります。結構入ります。その割に、どうでもいい内容で文字数を使ってしまっています。

賃金の支払いは当月末です。*住居借上希望者 応相談

こんな書き方ではダメです。求人票で大切な文字数を使って伝える内容ではありません。

・平成29年度一級とび技能士に〇名、建築物等の鉄骨組
立て等作業主任者技能講習〇名、など資格取得支援あり。
・独身寮完備してます。入社決定後、すぐ入寮できます。
・プロのデザイナーに依頼して作成した格好いいニッカポ
ッカを支給します。その他道具も貸与します。
大規模建設現場が多いため、短期間での現場の移動が比
較的少ないです。
・昇給例 入社3年目鳶職 xx,xxx円

職人の求職者にとって魅力に感じるものがあれば、列挙しましょう。

建設業の職人の求人票:備考

備考欄も特記事項欄と並んで、貴重なスペースと言われている欄です。

ハローワークの求人票の備考欄は26文字×8行で208文字入ります。特記事項と同じくらい入ります。せっかく200文字以上使えるのですから、他の欄で書ききれなかったことがあれば、ここで伝えましょう。

*事前連絡のうえ面接時に履歴書、ハローワーク紹介状を 
ご持参下さい>

これもNGの書き方です。この内容なら応募があったときに電話で伝えれば十分です。

建設業はなくてはならない、生活に必要な仕事です。
大きな建物を手掛けたときの達成感は、他の職業では味わ
えないものがあります。
当社はただ建物をつくる会社ではなく、安心・安全・快適
な建物をつくることを通じて、人々の生活支え、未来ある
子どもたちの命を守り、社会に貢献していきます。
われわれと一緒に、建設業の仕事を楽しみ、やりがいを感
じながら、社会に貢献していきませんか?

備考欄は、本当に何でもかくことができます。サンプルは理念のような内容にしてみました。求人票ですから、条件面に関する記述がどうしても多くなります。備考欄を使って、会社の理念を伝えてみると、そこに共感する職人もいるでしょう。もちろん、全然違うことでも大丈夫です。

まとめ

建設業がハローワーク経由で職人から求人応募がくるための求人票の書き方をお伝えしてきました。

まずは、求人票の書き方というノウハウ以前の内容として、「自社の魅力や特徴を棚卸しすること」「職人の求職者の抱えている不安や願望を知ること」。この2つが無ければ、ノウハウは活かせないと再度、肝に銘じてください。

ハローワークの求人票の書き方のポイントは、全部で6つの記入欄で活用します。
・職種欄の書き方
・仕事の内容欄の書き方
・事業内容欄の書き方
・会社の特長欄の書き方
・特記事項欄の書き方
・備考欄の書き方

それぞれの記入欄を1つずつ見るのではなく、欲しい人材はどんな職人か決め、その人材が抱えている不安や願望はなにか?不安を解消し、願望の達成につながる自社の強みや特徴はなにか?を整理して書くと、求人応募がくる求人票になります。

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ