採用・集客ホームページ制作は川崎市のビーシーソリューション

Googleアナリティクスの平均ページ滞在時間0秒を改善に繋げる方法とは?

google関連

投稿日:    更新日:

Webサイトは公開したら、
きちんとアクセス解析をして必要な改善を続けること、
これが成果に繋げる唯一の方法です。

せっかくWebサイトを作ったのに何の成果もない、
制作費だけ取られて騙された、、、
そんな想いをしている方もいらっしゃるでしょう。

それなりに成果は出ているけど、何もアクセスを解析していないため、
・広告の費用対効果が分からない、、、
・ブログを書く時間対効果が分からない、、、
きちんと数値で評価することで、効率を高める、効果を高めたい方もいらっしゃるでしょう。

そのためにGoogleアナリティクスを使って分析をするのですが、
数値の見方を間違えると、改善の優先順位や方法を誤ってしまうことになります。

今回は、Googleアナリティクスの平均ページ滞在時間0秒の情報をもとに、あなたのWebサイトを改善する方法をお伝えします。

平均ページ滞在時間とはなにか?

そもそも、この平均ページ滞在時間とはどんな指標か分からない人もいると思います。

平均ページ滞在時間とは、文字通り、あるページを見ている時間を意味します。似たような項目で、平均セッション時間というものがありますが、こちらはページ単位ではなく、あるWebサイトを見ている時間を意味します。

Googleアナリティクスでは、上の図のように各ページのページ滞在時間を計測しています。基本的には、各ページの閲覧開始時間のみを記録し、閲覧終了時間を記録することはしていません。ページAの次に、ページBを閲覧すると、ページBの閲覧開始時刻を記録できるので、これを便宜的にページAの閲覧終了時間とみなしているのです。

こうなると、ページCは最後に閲覧されたページなので、平均ページ滞在時間を計測することができなくなくります。つまり、平均ページ滞在時間が0秒となります。

平均ページ滞在時間0秒のページのGoogleアナリティクスでの確認方法

まず、Googleアナリティクスでどうやって平均ページ滞在時間を調べるかを説明します。Googleアナリティクスの左側メニューの「行動」から「すべてのページ」を開いてください。上野図のような画面が開き、ページ中央あたりに、平均ページ滞在時間があります。

ここで、平均ページ滞在時間以外の項目をみていただくと、「直帰率」「離脱率」という項目があります。平均ページ滞在時間が0秒のページは、直帰率と離脱率の両方が100%になっていることが分かります。

新しい用語が出てきたので、直帰率と離脱率について少し説明をしておきます。

Googleアナリティクスの直帰率と離脱率

直帰率・・・
あなたのWebサイトで最初に見られたページであり、最後に見られたページである比率。つまり、直帰率100%は、そのページ1ページしか見られなかったということです。

離脱率・・・
あなたのWebサイトで他のページも見た中で、最後に見られたページである比率。つまり、離脱率100%は、他のページから見始めて、そのページを見た人が全員そのページを最後に他のページを見なかったということです。

平均ページ滞在時間0秒はなにを意味しているか?

どちらも、そのページが最後に見られたページという意味では同じです。

これは、そのページが検索ユーザーにとって役に立つ、価値ある内容でなかった可能性が高いことを意味します。他のページを見ても同じように自分に役立つ内容はないにちがいない、他のWebサイトを見てみよう、、、このような経験はあなた自身もあるでしょう。

改善優先度の高いページを見つける

検索ユーザーにとって役に立つ内容でないなら、そのページは不要なのか?というと、もちろん改善して役に立つ内容にできるなら改善していきます。とはいえ、むやみに平均ページ滞在時間0秒のページをすべて改善していくのではなく、優先順位を付けて改善することが必要です。

では、どうやって改善の優先順位が高いページを見つけるか?

Googleアナリティクスの「行動」-「すべてのページ」でデータをエクスポートする。

エクスポートしたデータを次の順で並び替える。
①平均ページ滞在時間を昇順、②閲覧開始数を降順。

並び替えた上位のページから改善を行います。閲覧開始数というのは、そのページから閲覧が開始された数を意味します。つまり、検索でより多くヒットしているページである可能性が高くなります。断定できないのは、例えばブログを書いてそのページをSNSなどでシェアしてアクセスされた場合、検索ではなく、SNSからのリンクで閲覧開始数が増えるからです。

検索でより多くヒットしているページは、SEOがうまくいっている(少なくとも他のページよりは)ので、できればそのページを改善していくのが望ましいです。

具体的なページの改善方法

改善すべきページの優先順位付けができたら、いよいよ改善です。
しかし、どのように改善するかは、平均ページ滞在時間0秒となっている(直帰率、離脱率が100%)原因に仮説を立てる必要があります。

仮説に基づいて改善し、結果を測定、仮説が正しかったか検証していきます。

原因の仮説は、大きく2つになります。
それは、「コンテンツの内容が読む人の役に立っていない」か「他に読みたいコンテンツがない」です。

Webサイトのコンテンツを改善する

これはさらに細分化した原因の仮説が必要となります。

例えば、
キーワードに対応する内容になっているか?
タイトルに対応する内容になっているか?
自分本位な内容になっていないか?
ブログの中で売込みをしていないか?
読みやすい、見やすい工夫をしているか?
など、、、

テクニック論はインターネット上にゴロゴロあります。
でも大切なのは、、、
テクニックやノウハウではなく、どうしたら、もっと読みたいと感じてもらえるか?読んで良かったと感じてもらえるか?といった視点です。そのうえで、初めてテクニックやノウハウを使うのです。

あなたは、「誰に」「どんな価値」を提供したいですか?
そのために、「何を」「どのように」伝えますか?

関連するコンテンツを用意する

他にももっと読んでみたいと思う、関連するコンテンツを用意します。

たとえば、ブログ記事の中やブログ記事の下に関連するコンテンツを用意しておきましょう。「他によく読まれている記事」みたいな感じで。

ワードプレスのプラグインで関連コンテンツを出力している場合は注意が必要です。
同じカテゴリーから無作為に抽出したり、同じカテゴリーの新しい記事から並べる機能になっています。

その記事に本当に関連するコンテンツを用意することで、コンテンツが役に立つ感じた人は、関連するコンテンツも見てくれます。

関連する他のページを見てくれることで、平均ページ滞在時間0秒が解消されます。

まとめ

・グーグルアナリティクスの平均ページ滞在時間0秒は、実際には0秒ではないが、直帰率と離脱率が100%のときに仕組み上起こる。
・平均ページ滞在時間0秒という数値ではなく、直帰率と離脱率が100%となっている事実が大切。
直帰率と離脱率が100%のページの中から、閲覧開始数が多いページから優先度をあげて改善する。
・改善方法はコンテンツを見直すか、関連するコンテンツへのリンクを用意すること。
・コンテンツを見直すときは、あなたのターゲットが知りたいことは何か?どうすればより読みたいと思ってもらえるか?を考える。
・関連するコンテンツはへのリンクは、記事中や記事下に本当に関連する内容のページへのリンクを貼ること。

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ