採用・集客ホームページ制作は川崎市のビーシーソリューション

【Googleアナリティクスの使い方】初心者必須のWEBサイト改善方法

Web活用

投稿日:    更新日:

WEBサイト・ブログを改善する王道の方法は、
Googleアナリティクスのデータを解析して、問題のあるページを特定し、問題を改善することです。

でも、WEBサイトを自分で運用している場合、

・Googleアナリティクスのデータの見方が分からない
・Googleアナリティクスの具体的な使い方が分からない
・ヘルプを読んでもデータの意味が分からない
・問題のページが分かったとして、改善するためにデータの使い方が分からない
・気付いたらGoogleアナリティクスが、日々のアクセス数をみて一喜一憂するだけの使い方になっている

このようなGoogleアナリティクスの使い方で、お悩みをもっているWEB初心者の方は多いですよね。

WEB初心者の方は、Googleアナリティクスのいろんなページを見れば見るほど分からなくなります。ムダなページを見る使い方をしてはいけません。プロと同じ使い方をしようとすると、時間を浪費するだけです。

WEB初心者でもできる改善のための使い方をしましょう!そのために見なければいけないGoogleアナリティクスのページはたったの2ページ。たった2ページの情報からアクセス数を3倍、5倍とアップしている人はたくさんいます。たった2ページから、どのように問題ページを特定し改善するか、上手く行っているページのアクセスがさらにアップするように、どのようなGoogleアナリティクスの使い方をすればいいか、その方法を解説します。

本コラムでは、WEBサイトにGoogleアナリティクスのコードが埋め込まれ、Googleアナリティクスの登録、Googleサーチコンソールとの連携までできている前提で書いていきます。もし、この前提を満たしていない方は、先にここまでの作業を完了してからご覧ください。

Googleアナリティクスの「行動」-「サイトコンテンツ」-「すべてのページ」

GAすべてのページ

WEB初心者がGoogleアナリティクスで見なければいけない1つ目のページはこちらです。

このページはどんなデータを見れるかというと、「指定した期間で閲覧されたページの一覧」です。これがページビュー数の多い順に降順で表示されています。ページビュー数というのは、閲覧された回数です。

上位に表示されているページほど、よく読まれているWEBページ・ブログ記事。つまり、人気のある(見込み客にとって価値ある、役に立つ内容が書かれている)WEBページ・ブログ記事になります。

逆に、下位に表示されているページは、あまり読まれていないWEBページ・ブログ記事。つまり、人気がないWEBページ・ブログ記事になります。特に、この一覧に載っていないWEBページ・ブログ記事は、指定した期間に一度も閲覧されていないので、何かしら問題を抱えているWEBページ・ブログ記事になります。

WEB初心者が具体的改善な改善につなげるための、Googleアナリティクスのデータの使い方は2つあります。

改善方法1.見込み客のニーズを把握し、ニーズのあるWEBページ・ブログを増やす

「一覧の上位に表示されているページ」と「下位に表示されているページ&一覧に載っていないページ」を比較します。どんなテーマのブログがよく読まれていて、どんなテーマのブログは読まれていないか?じっくり分析してください。

必ず、なにかしらの傾向を見い出すことができます。ブログを書いている側としては、絶対みんなが興味があると思って書いたブログの記事が読まれていない、逆にこれはそんなに読まれないだろうなと思って書いたブログの記事が読まれている、そんなことはざらにあります。

これはGoogleアナリティクスのデータを見ないと気付けません。

よく読まれているテーマのブログを、切り口や視点を変えて増やしましょう。
逆に、ほとんど読まれていないテーマのブログは思い切って削除してしまいましょう。
せっかく書いたブログだから削除するのはもったいない、という考えは捨てましょう。

改善方法2.WEBページ・ブログの構成や検索キーワードを意識してリライトする

再度、「一覧の上位に表示されているページ」と「下位に表示されているページ&一覧に載っていないページ」を比較しましょう。

改善方法1ではブログで書いている内容・テーマの観点で分析しました。今度はもう少し細かいレベルです。よく読まれているブログと読まれていないブログを比べて、構成や文中のキーワードを確認してみましょう。

なんとなくダラダラ書いてしまったブログと構成をきちんと考えたブログがあれば、その結果はどうなっているか?テーマとしてはよく読まれるブログのはずなのにほとんど読まれていないなら、ちゃんと検索して欲しいキーワードを見出しや本文中に意識しながら書いているか?

多くの人は書いているうちに、自分の好きなことを好きなように書いてしまいます。しかし、Googleはクローラーというプログラムでブログに書いてある内容を把握するため、どうしても文字情報としてキーワードを盛り込んでいく必要があります。このあたりは、実際にブログを比較して体感するのが一番分かりやすいです。

seoコンテンツの文字数SEOに必要なコンテンツの文字数は?検索順位をアップするには?

Googleがどうやってインターネット上のWEBサイトの情報を収集し、その収集した情報から検索結果一覧に表示するようになるかの仕組みはこちらのコラムをご覧ください。

Googleアナリティクスの「集客」-「Search Console」-「検索クエリ」

GA検索クエリ

WEB初心者が見なければいけない2つ目のページはこちらです。

このページはどんなデータを見ることができるかというと、「指定した期間にGoogleで検索されたキーワード・クリック率・表示回数・クリック率・平均掲載順位」です。これがクリック数の多い順に降順で表示されています。

なお、詳しい理由はここでは不要なため省略しますが、すべての検索キーワードが分かるわけではありません。ですが、実際にどんなキーワードで検索されたかが一部でも分かれば、改善に活かせそうだと思いませんか?

項目名からなんとなく意味が推測できると思いますが、各項目の意味を説明すると、、、

「表示回数は検索結果一覧にあなたのWEBサイト・ページ・ブログが表示された回数。クリック数は検索結果一覧で表示されるだけでなく、そこからクリックされた回数。クリック率はクリック数/表示回数。平均掲載順位は該当のキーワードでの平均の掲載順位。」です。

Googleアナリティクス(厳密にはSearch Console)のデータをもとに、初心者が具体的にできる改善方法は3つあります。

改善方法3.WEBページ・ブログのタイトルとディスクリプションを改善してクリック率を増やす

クリック率アップ

検索結果一覧として表示された中からあなたのWEBサイト・ブログがクリックされるかは、タイトルとディスクリプションが大きく影響します。基本的には、検索順位1位から順番に上から下に見る人が多いですが、決して1位から順番ではなく、1位の次に5位を見ることだってあります。

2位~4位までと比べて、魅力的なタイトル、どうしても読んでみたくなるディスクリプション(説明文)が書いてあれば、5位のWEBサイト・ブログがクリックされます。

逆にいうと、せっかく検索結果で上位に表示されてもクリックされなければ、そのWEBサイトやブログはなんの価値も生み出しません。クリックしてもらわなければ、極論100位圏外のWEBサイト・ブログと何ら変わりありません。

タイトルのつけ方SEOの基本「タイトル」のつけ方で初心者でも簡単に検索順位が上がる

SEOの基本とも言えるタイトル。タイトルのつけ方次第でクリックされるかどうかが決まると言っても過言ではありません。さらには、検索順位にまで影響を与えます。それほどタイトルのつけ方は重要です。

改善方法4.想定外のキーワードで検索されていればWEBページ・ブログに反映する

WEBサイトの各ページやブログを作成するときは、まずどんなキーワードで検索してもらいたいか?から検討します。実際には、検討したキーワード以外のキーワードで検索されることがあります。もちろん、文中にそのワードが入っていない限り検索にはヒットしませんが。

例えば、「副鼻腔炎 手術」をキーワードでページを作成したとします。タイトルやディスクリプション、本文の見出し、本文中に意識的にこのキーワードを盛り込みました。ところが、Googleアナリティクスでデータを見たら、「蓄膿症 手術」「蓄膿症 手術 ガーゼ抜き」のようなキーワードで検索されクリックされていることが分かったとします。

この場合、副鼻腔炎より一般の人は蓄膿症という言葉を使うと分かります。でも副鼻腔炎で検索する人もいます。そうしたら、副鼻腔炎(蓄膿症)としてタイトルやディスクリプション、見出しなどをリライトします。そうすることで、「蓄膿症 手術」の検索順位がアップして、より表示回数が増えます。改善方法3をしっかりやっていればクリックもされます。

ガーゼ抜きは、手術後のガーゼ抜きが痛いと聞いたことがある人が検索していると想定できます。そのため、ガーゼ抜きが入ったキーワードでより上位に表示できるように術後のガーゼ抜きに関する記載量を増やして丁寧に説明を書きます。今はガーゼ抜きがなくて、溶けるタイプなんだと分かれば手術を受ける人がいるかもしれません。

改善方法5.平均掲載順位からWEBページ・ブログ改善の優先順位を決める

表示回数と平均掲載順位を確認します。平均掲載順位がトップ10に入っていないが表示回数が多いものがあれば、掲載順位を上げることでアクセスアップが狙えます。

80位くらいのブログよりも30位くらいのブログの方が、改善方法1~4までを実施することで10位以内を獲得できる可能性が高いです。ですから、より平均掲載順位が高くて表示回数が多いブログの優先度を上げて改善していきましょう。

まとめ

WEB初心者は、特にGoogleアナリティクスのデータ解析というとすごく難しい気がして敬遠してしまいがちです。しかし、Googleアナリティクスのデータを見ることなく改善するのは不可能に近いです。できてもすごく遠回りで時間がかかってしまいます。専門家と同じように詳しく見る必要はないので、簡単にブログの改善につながるGoogleアナリティクスのデータの見方はマスターしていただきたいと思います。

■Googleアナリティクスの「行動」-「サイトコンテンツ」-「すべてのページ」
・改善方法1.よく読まれているブログと読まれていないブログから読み手のニーズ、どんなテーマのブログが求められているのか把握する
・改善方法2.読み手のニーズがあるテーマのブログであっても構成が悪いと読んでもらえないですし、キーワードを意識して書いていないと検索順位が低くなり読まれないため、構成やキーワードを意識する
■Googleアナリティクスの「集客」-「Search Console」-「検索クエリ」
・改善方法3.ブログのタイトルとディスクリプションを魅力的な内容にしてクリックしてもらうようにする
・改善方法4.想定したキーワード以外で検索されクリックされていれば、タイトルやディスクリプション、見出しなどにそのキーワードを加えてみたり、文中でより詳しく説明してみたり、それだけで1つのブログを書いてみる
・改善方法5.やみくもに改善をせず、表示回数と掲載順位からよりアクセスアップに繋がるブログから優先順位を上げて改善する

この記事と一緒によく読まれている記事

・タイトルのつけ方で初心者でも検索順位&クリック率をアップする方法

・SEOで文字数が多いコンテンツは有利?薄っぺらいノウハウに踊らされないように!

・初心者がとるべきSEO対策の第1歩はページ数を増やすこと!どんなページを増やせばいい?

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ