採用・集客ホームページ制作は川崎市のビーシーソリューション

SEOに強いテーマ?テンプレート?CMS?『強い』とは何かを考えてみた

seoに強いテーマはない

Web活用

投稿日:    更新日:

あなたは、このような説明を目にすることがありませんか?

・当社のCMSはSEOに強いテンプレートになっています。
・SEOに強いWordPressのテーマです。

正直に言って、わたしにはこの意味がわかりません。わたしが細かい言葉が気になってしまうのがいけないのかもしれませんが、『強い』ってなんだろう???と考えてしまうのです。

強いということは、絶対的に『強い』か相対的に『強い』かのどちらかと考えられますが、どちらなのでしょうか?また、そもそも『SEO対策を考慮しているか』『SEO対策を考慮していないか』のどちらかしなく、強いか弱いかをWordPressのテーマやCMSで評価できるものなのでしょうか?

SEOに強いテーマやCMSは百歩譲っても相対的にしかありえない

SEOに強いとはなにを意味しているでしょうか?

買い手の心理としては、「SEOに強い」と書いてあると、どうしても「検索結果の上位に表示されやすい」テーマやCMSだとイメージしてしまいますよね?そして、SEOに強いんだったら、じゃあ、このWordPressのテーマにしようかな、このCMSにしようかな、となってしまう気持ちはすごくよく分かります。

売り手がどこまで意識しているかは直接聞いているわけではないので推測の域を出ませんが、SEOに強い=検索結果の上位に表示しやすいという意味で使っていると思われます。

しかし、Googleの検索順位は膨大な項目によって評価され、そこに何かしらの項目の重みづけがされて決定されます。そのアルゴリズムは完全にブラックボックスな訳です。そうである以上、絶対的な評価として、「SEOに強い」とは口が裂けても言えないのです。ブラックボックスな以上、強いの根拠が説明できないから。

となると、相対的にSEOに強い、ということしかありえなくなります。

これも本当は言えないはずです。だって公開されているWordPressのテーマやCMSを全部調べて比較したのか?という話ですし、さらに言えば公開されていないものだってたくさんありますから。きちんと相対的な比較ができていないのに、うちのはSEOに強いですなんて、なにを根拠に言っているのか・・・わたしには分かりません。

では、WordPressのテーマやCMSでSEO対策に触れるとしたら、どんな表現ならありえるか考えてみました。

SEO内部対策を考慮したテーマやCMSはあるが内部対策済みのテーマやCMSはありえない

SEOには内部対策と外部対策という2種類があります。一般的に、「SEOに強い=SEO内部対策ができている=検索結果の上位に表示されやすい」という意味でSEOに強いと書いていると考えられます。

SEO内部対策とは?

内部対策はあなたのホームページの内部に閉じたSEOの施策。例えば、Googleがインターネット上のWebサイトの情報を収集するボット(と呼ばれるプログラム)が読み取りやすいプログラムコードで作られているか?みたいなプログラムレベルの内容やコンテンツの階層構造、画像の代替テキスト・・・書きだしたら止まらないほどたくさんある細々とした設定があります。

SEO外部対策とは?

外部対策はあなたのホームページの外部でのSEOの施策。例えば、あなたが書いたブログの内容がとても役に立つ、他の同じことをテーマにしたブログにはない気付きあったので、自分のブログにあなたのブログのリンクを貼って紹介する、みたいな(被リンクという)ことです。

対策済みってどういうこと?ありえるのか?

内容から分かるとおり、外部対策済みのCMSやWordPressのテーマは存在しません。CMSやWordPressを作っている会社が、あなたのホームページに運営しているいろんなサイトからリンクを貼ります!みたいなサービスをしている可能性もありますが。今の時代、自然に発生するリンクではない、意図的にリンクを貼るのはリスクでしかありません。

Googleも進化し続けているので、こうした作為的な行為をしていると、いつかバレてペナルティを受けることになるので、気を付けてください。

一方、内部対策も対策済みのCMSやWordPressのテーマは存在しません。わたしは言葉の定義は重要だと考えているので、ちょっとでも納得がいかなければ聞きます。もし、内部対策済みです、と言われたら、対策済みとはどういうことですか?と。

内部対策が実施できるように考慮して、CMSやWordPressのテーマを作ることはできます。例えば、ブログのタイトルと説明文は、クリック率に大きく影響するので、SEO内部対策としてしっかり考えて書かなければいけません。専門用語を使うと、タイトルタグとメタタグというタグ情報の設定はSEO内部対策の1つになります。

ホームページの作り方として、すべてのページ(ブログを含む)でタイトルと説明文を入力できるようにすることはできます。でも、そこに実際に入力するかどうかは利用する人次第です。せっかく入力できる機能があっても入力しない人もいますから。

SEO内部対策には、これと同じような設定レベルの内容がたくさんあります。

ということは、、、

『SEO内部対策済み』という表現はおかしい。絶対に。考慮して作ってますよ、という意味で『SEO内部対策を考慮した設計』という表現しかできないはず。制作までしてもらうのであれば『SEO内部対策有り』みたいな表現はOKですね。

でもやっぱりSEOに強いはおかしい!SEOとは検索エンジン最適化ですよ?

内部対策を考慮した設計ができているからSEOに強いんですよ、というのがわたしには精いっぱい許容できる範囲の表現になります。が、やっぱりどうにも納得感がありません。

SEOは検索エンジン最適化です。検索エンジン最適化が強いって、、、すでに日本語として破綻しています。SEOの本質的な意味は、SEOとは検索上位表示のこと?誤った理解で誤った対策をしないように!の記事を読んでください。

あくまで検索エンジン最適化というのは、検索ユーザーにとって役に立つ・価値がある・評価される内容であって、それがストレスなく閲覧できるようにすることです。中心にあるのは、あくまで内容(コンテンツ)です。

仮にSEO内部対策に不十分なところがあっても、内容が検索ユーザーから評価されるものであれば、内容が評価されない内部対策を十分にしているページより、上位に表示される可能性が極めて高いのです。

ということは、やっぱりSEOに強いの意味が分からない。

「SEOに強い=検索結果上位に表示される」ではないと明確にすべき

「検索結果の上位に表示されるためには、多岐にわたる要素がある。だから、テーマやCMSがSEOに強いかどうかだけでは上位表示はできない。」ということを、提案するときには明らかにすべき。

SEOに強いテーマやCMSだからって購入してホームページを作っても、狙ったキーワードで100位圏外になってしまったら困るのはお客様。大切なのは、まずは検索ユーザーの役に立つページ(コンテンツ)を作ることだと伝えなければならない。それが大前提だから。

お客様に誤解を与える表現は、厳に慎まなければならないと思うのです。

利用する側も安易にSEOに強いという表現に流されないこと

最後に利用する側の人にも、気を付けてもらいたいと思います。

SEOに強いという表現をみると、心惹かれるのは仕方がないと思います。でも、ビジネスで本当にホームページを活用したいと思うなら、一度立ち止まって考えなければなりません。

SEOに強いとはどういうことか?検索結果の上位に表示されるためには、あなたはなにをしなければならないのか?

検索ユーザーに役に立つページ(コンテンツ)を作れるなら、SEOに強いと宣伝しているテーマやCMSを使えばいいでしょう。でも、そこに自信がないのであれば、一緒にページ(コンテンツ)を作ってくれる業者を探すことが大切です。

そうしないとあとになってテーマやCMSだけでSEO対策をどうにかしようと考えた自分に後悔してしまいます。

まとめ

・SEOに強いテーマやCMSはありえない
・SEO内部対策を考慮した設計のテーマやCMSは存在する
・そういったテーマやCMSを活用できるかは、検索ユーザーの役に立つ・価値あるコンテンツを作れることが前提
・検索結果の上位に表示できるかは、多様な要素の評価で決まるもの
・利用者側も安易にSEOに強いという表現に流されることなく、自分の状況にあわせて必要なものを準備すること

この記事と一緒に読まれている記事

・SEOとは検索上位表示のこと?誤った理解で誤った対策をしないように!

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ