月別検索予想キーワードの調べ方と活用の仕方

Web活用

投稿日:

ブログの記事を書いたり、Webサイトのページを作るのにキーワードをどのように調べていますか?
Googleのキーワードプランナーで調べている、という方が多いと思います。

他にどんな方法を知っていますか?

検索ボリュームは分かりませんが、ある月に検索の上昇が予想されるキーワードが分かる方法があります。

Yahoo!プロモーション広告が提供するデータ

検索エンジンに次のキーワードを入力して検索してみてください。
「2017年11月 キーワード」

すると、以下の画面の検索結果が表示されます。このYahoo!プロモーション広告のリンクをクリックすると、リンク先で「2017年11月に検索されるキーワードとは?」というデータのpdfをダウンロードすることができます。

検索結果の画面を見ると分かるとおり、毎年、毎月、このようなデータを提供してくれています。このようなキーワードをもとに、あなたのビジネスと結ぶつけて何か書けないかを考えるのです。

こちらの記事であげたヘアサロンの例は、このYahoo!プロモーション広告のデータの中から選んで考えたもになります。

予想検索キーワードをもとに価値提供をすること

是非、実際にpdfをダウンロードしてみください。そして、キーワードを見てください。見出しレベルでは、七五三、クリスマス、紅葉、冬のレジャー、冬のグルメ、年末年始、冬のファッション、寒さ対策があります。それぞれに、予想検索キーワードが載っています。

そして、これらのキーワードを見て、このキーワードでどんな記事を書こうか?と考えないでください。このブログではよく書くことですが、大切なのは本質的な考えです。キーワードが大切と言われると、キーワード、キーワード、キーワードって念仏のようにキーワードそのものに目が行く人が多いです。でも、大事なのは表面的に見えるキーワードではありません。

そのキーワードを通じて、「あなたのビジネスで具体的にどんな価値を提供できるか?」。それをどのように情報発信できるか?そこが重要です。よく言われることですが、『検索エンジンのためにWebサイトを作ったりブログを書くのではない、それを読む検索ユーザー(あなたの見込客)に価値を届けるためにWebサイトを作りブログを書く』のです。

予想検索キーワードを発想のネタとして使う

どんな価値が提供できるか?と考えてキーワードを見ていくと、アイデアが湧いてきます。

誰しもそうですが、自分のやっているビジネスは自分にとっては当たり前のことばかり。当たり前と思うと、それをあえて伝える必要を感じなくなる。というか、潜在的に重要と感じなくなるのです。Webサイトのコンテンツを作る時にどんなお客さんであっても何度か必ず聞く言葉があります。それは・・・

「それはあえて書く必要はないですよ。当たり前のこと、普通のことですから。」

でも、あなたのその当たり前や普通のことは、あなたの業界を知らない人、あなたの商品サービスを知らない人にとっては、当たり前ではないですし、普通のことではないのです。それを理解してコンテンツを作っていかないと、同業他社と同じようなホームページが出来上がってしまうのです。逆に、多くの人が理解していないので、理解してコンテンツを作るだけで、この会社は他の会社よりしっかりしている、と思われる要因になったりします。

で、そんな勝手に、潜在的に当たり前、普通と思っていることが何かに気付くのは実は難しいのです。そこで、この予想キーワードを活用するのです。キーワード見ていると、「あ、こんなキーワードで検索するんだ!」という気付きが生まれます。さらにそこを深める。「なんで、このようなキーワードで検索するのか?」「どんなことが知りたいのか?」「どんな悩みや不安が背景にあって、このキーワードで検索するのか?」どんどん考える。これは、あなたのビジネスをより良く、より深く見込客に伝えるための、発想のネタ探しであり、発想のトレーニングになります。

こんな間違った予想キーワードの使い方をしてはいけない

それは、単純にアクセス数をアップするということです。検索の増加が予想されるキーワードな訳ですから、きちんとコンテンツを作れば、例えば、ブログへのアクセス数を増やすことは簡単です。アクセス数というのは、ある意味、悪魔の単語。何かに憑りつかれたようにアクセス数アップに固執する人がいます。

でも、アクセス数がいくら増えても、そこからあなたのビジネスに結びつかなければ何の意味もないのです。よくいる月間○○○万ビューのブロガー、という人でも、そこからあなたのビジネスに成果をもたらさないのであれば、そんな数字はまるで意味なし。ただの自己満足です。

特にブログに力をいれている人は、個人事業主の方、数人規模の会社の方が多いと思います。であれば、ブログを書いている時間も貴重な時間なのです。無料ではなく、人件費がかかっているのです。そこを意識できれば、趣味のようなアクセス数集めに投じる時間など無いと分かるはずです。時間は有限です。無限ではないので、大切に使っていきましょう。

まとめ

・検索キーワードの調べ方の一つに「何年何月 キーワード」で検索する方法がある。
・キーワードそのものに注目するのではなく、そのキーワードを通じてどんな情報を発信し、その結果どんな価値を読み手に伝えられるか考えることが大切。
・自分にとって当たり前と思うことは普段意識できないが、その当たり前にこそ神が宿る
・その当たり前に気付き、どんな価値提供ができるかの発想するためのトレーニングに使うことができる
・キーワードをアクセス数アップという視点ばかりに捉われることだけはしてはいけない、そんなものは自己満足

求人コンサルティング、ホームページ制作
神奈川県川崎市の株式会社ビーシーソリューション

この記事を書いた人

代表写真

馬場 宏

インターネットに情報が氾濫する時代。テクニックやノウハウを追い求める人が多いことを憂う。中央省庁勤務時代に磨いた本質思考を武器に、テクニックやノウハウの背後にある普遍的な考えに基づくコンサルティングとWeb制作を行うことを得意とする。お客様に寄り添いながら、しつもんを駆使して問題解決を行う手法に定評がある。

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ