採用・集客ホームページ制作は川崎市のビーシーソリューション

ブログのアクセス数が増えない人が戦略的に最速でアクセスを増やす方法

Web活用

投稿日:    更新日:

・広告費をかけずに、ブログを使って無料で集客しようと頑張ってブログを書いてみたけど、全然アクセス数が増えない
・3ヶ月でブログの記事数100を目安に書けば、急にアクセス数が増えるとネットにたくさん書いてあったけど、全然アクセス数が増えない
・ブログを書いても書いても一向にアクセス数が増えないため、いい加減ブログを書くのをやめようと思っている

このようなお悩みをもっている方は、かなり多いでしょう。

みんな最初は、意気込んでブログを始めます。しかし、思ったようにアクセス数が増えないことが理由で、途中で挫折してブログをやめてしまう人が本当に多いです。たしかに、アクセス数が増えないとつまらないですし、続けるモチベーションがわいてこないですよね。その気持ちはよく分かります。

アクセス数が増えて、問い合わせや申込み、購入につながるようになったらブログを書くのが楽しくなりますよね。

では、どうやってアクセス数が増えるブログにしていくのか、その方法を解説します。
(アフィリエイターさん向けのブログではなく、ビジネスブログを書く人向けの内容です。)

ブログを100記事書いたからといってアクセス数は増えない

はっきり言います。ブログを100記事書いたらアクセス数がアップするなら誰も苦労しません。Googleはそんな単純な考え方で検索順位を決定していません。

なぜブログを100記事書いてもアクセス数が増えないのか?

Googleの検索順位を決定するアルゴリズムはブラックボックスです。しかし、これだけは明らかになっています。それは、「検索ユーザーにとって役に立つ、価値があるブログでなければ決して上位表示はされない」ということ。

Googleは、ページの内容(コンテンツ)を評価し、品質が高いと判断すれば検索順位を上げます。品質が低いと判断すれば検索順位を下げます。

ここで品質が高いとは、ユーザーの検索意図を満たせる内容か?競合サイトよりも役に立つ内容か?を意味します。

もし、ユーザーの役に立たない、価値がないブログであれば、100記事あっても検索結果の上位に表示される記事がないため、アクセス数はアップしません。1000記事あっても同じです。

まずは、このことをきちんと理解する必要があります。このコラムを読んでくれている方は、アフィリエイターではなくビジネスでブログを活用する方法を探している人のはず。であれば、根拠が不確かな方法ではなく、論理的に説明可能な方法で戦略的にアクセス数アップを実現することをおススメします。

アクセスが増えないブログ記事の改善はSEOの本質の理解から

検索エンジンは年々進化しています。Googleもそう公言しています。ゆえに、SEO対策に終わりはないと言っています。近年の検索エンジンの進化に伴って、より高い精度でWEBサイト・ブログの内容を読み取れるようになっています。

5年前、3年前にやっていたSEO対策が今も有効とは限りません。小手先のテクニックやノウハウで、その場しのぎの対応方法を取るのはやめましょう。SEOとは何なのか?以下の記事で説明していますので、参考にしてください。

SEOとは検索上位表示のこと?誤った理解で誤った対策をしないように!

ブログのアクセス数が急に増えることはないのか?

100記事ではないにせよ、記事数が増えることでブログのアクセス数がある日を境に急に増えることはないのか、気になりますよね?

結論は、戦略的にブログの記事を増やすことで、急にアクセス数がアップするタイミングを作ることはできます。

安心しましたか?がんばってブログの記事数を増やす意味はおおいにあります。

では、どんな方法で実現できるのか?聞いてみると、あまりにも当たり前の方法で拍子抜けするかもしれません。でも、これが本質です。あとは、戦略的にやることでどれだけアクセス数アップのスピードを速められるか、になります。

まずは1記事でよいので品質の高いブログを作り検索上位に表示させる

先ほども書きましたが、Googleが評価するのは品質の高いWEBページ・ブログです。これが大前提となります

品質の低いWEBページ・ブログを作っても検索順位が低いのですから、アクセス数はアップしません。業種業界によりますし、ターゲットにもよりますが、仮にブログ1記事だけでもアクセス数が多いキーワードで検索上位に表示できれば、それなりにアクセスがきます。

BtoBでニッチな内容で書いたブログでもそれなりのアクセスにはなります。当社のブログでも1記事で1日100アクセスあるブログがあります。まずは、1記事だけでいいので、アクセス数がある程度見込めるキーワードで検索上位に表示されるブログを書きましょう。

でも、アクセス数がどのくらい見込めるか分からない、という方もいますよね。いくつかツールがあります。一番有名なのは、Googleのキーワードプランナーというものです。ですが、もう少し手軽に使える無料ツールがありますので、ざっくりの規模感が知りたい場合は、aramakijakeというツールを使ってみてください。
http://aramakijake.jp/

1記事でも検索上位で表示されると、ブログの書き方のコツが分かります。多くの場合、書いたブログがそのまま上位を獲得できることはありません。なかなか検索順位が上がらない中で試行錯誤して修正することで検索順位が上がり、アクセスされるブログってこういうことなんだ!というのが分かります。

そのため、修正するときは「いつどんな修正をしたか」をメモするようにしましょう。

アクセス数が増えないならアクセス数が多いブログから学ぶ

とはいえ、どんなブログを書けばいいか、いまいちピンとこないかもしれません。そんな方は、アクセス数が増えないブログとアクセス数が多いブログの違いを知るためにも、真似から入りましょう。

たとえば、あなたがこのキーワードで検索上位を獲得してアクセス数をアップしたい!と思うもので、実際に検索をしてください。検索結果の上位が、「少なくともその時点ではGoogleから品質が高い」と評価されているWEBページ・ブログです。

検索上位の中から、あなたが読んで「あ~こういうブログ好きだな~」と思うものがあれば真似をしましょう。そして、自分のブログとの違いを分析してみましょう。

タイトルはどうやって付けているか?見出しは?ブログの全体構成は?段落構成は?キーワードは?表現は?・・・高い品質という評価を得ている理由が見つかるはずです。

内容は真似してはいけません。コピペをしたら、コピーコンテンツとしてGoogleからペナルティーを受けることになります。

ブログを修正するときはポイントを1つずつにする

修正するときの注意点は、一気に修正しないことです。なにを修正して検索順位が上がったのか分からないですし、なにが検索順位アップにインパクトがあったのか分からないからです。もしかしたら、ある部分は修正しない方が、もっと検索順位がアップするかもしれません。でも、それも分からなくなります。

検索順位が上がらない原因の仮説を立てましょう。タイトルのつけ方なのか?見出しのつけ方なのか?ブログの構成なのか?本文中のキーワードの使い方なのか?そもそも検索ユーザーが知りたい内容になっているか?など。

仮説が立ったら、修正の優先順位が一番高いものを1つ修正して反応を見てみましょう。1つ修正したら2週間くらいは様子をみましょう。もし、十分に検索順位が上がらないようなら、次に優先順位が高いものを修正してまた様子を見ます。この繰り返しです。

アクセス数が増える関連記事を書いてブログの回遊性を高める

検索順位上位に表示できるブログが1記事できたら、その記事と関連性が高い記事を作っていきます。

関連性が高い記事でないと、1つ1つの記事を読んでおしまいになってしまいます。これだと1つ1つの記事のアクセス数の積み上げにしからならず、急激にアクセス数は増えないです。

例えば、パーティーで着るドレスを買うのにどうやって選んだらいいかを「パーティー ドレス 選び方」で検索したとします。ドレスの選び方を読んで「なるほど~」と思ったところに、関連する記事としてパーティーではくパンプスの記事、アクセサリーの記事、バッグの記事・・・があったら、あわせて読みたいと思いませんか?

「パーティー アクセサリー 選び方」で検索してブログをみてくれた人も同じように、ドレスやパンプス、バッグの記事を読んでくれる。

関連するブログ記事に回遊しやすいように作る必要はありますが、1つの記事を入口にして複数の記事にアクセスしてくれると、アクセス数がアップするのは分かりますよね。

もしこれが、「パーティー ドレス 選び方」の次に「演奏会 ドレス 選び方」のように、ドレスの選び方のシーン別で作ったらどうなるでしょうか?関連性が低いため、あわせて読まれる可能性は極めて低いです。結婚パーティーに着ていくドレスの選び方を探している人が、ピアノの演奏会で着るドレスの選び方を一緒に見るとは考えにくいですからね。

アクセス数が増えないブログは関連記事の手抜きが多い

ワードプレスを使っている人は、プラグインで関連記事を表示している人が多いと思います。でも、これでは回遊性を高める方法として不十分です。

プラグインで表示される関連記事は「カテゴリーが同じ」なだけです。本当に関連があって読んで、あわせて読んでもらうことで検索ユーザーの役に立つブログ記事ではないのです。これではアクセス数は増えないのも仕方がありません。

あなたが検索ユーザーの役に立つことを目的にしているなら、面倒ですがひと手間加えましょう。自分で本当に関連する記事のリンクをブログに入れるのです。検索ユーザーの役に立ちますし、アクセス数もアップしますし、一挙両得です。

派生的な要因が複合的に関連してブログのアクセス数がアップする

ブログのアクセス数を戦略的に素早くアップするには、「1記事でよいので品質の高いブログを作り検索上位に表示させる」「関連性のあるブログ記事を書いて回遊性を高める」の2つが基本になります。

この2つの本質さえ理解してもらえれば、ブログを100記事とかたくさん書くことなく、自然とアクセス数はアップします。

それは、この2つをやることで派生的にSEOで評価されることが出てくるからです。派生的に発生した要因があわさってさらにSEOで効果をもたらすのです。

では、どんな派生的なSEOの効果をもたらすのでしょうか。

アクセスアップ効果1:検索からのクリック数が多くなる

Googleは検索結果ページからクリックして流入したトラフィックをより評価します。例えば、SNSでブログのリンクを貼ってたくさんクリックしてもらうのより、Googleという検索エンジンを使って検索をし、そこで表示された検索結果からリンクをクリックしてもらうことの方が、Googleの立場からすれば高く評価したくなりますよね?

検索順位の上位表示を獲得することで、検索結果からクリックしブログに流入するアクセス数がアップすることで、アクセスアップだけでなく、Googleからの評価も高まるのです。

アクセスアップ効果2:サイトの直帰率が低くなる

直帰率とは、閲覧を開始したページだけで見るのをやめて「戻る」ボタンを押して検索結果の戻ったり、「閉じる」ボタンを押してブラウザを閉じてしまう率です。

品質の高い記事で関連する記事があって、回遊しやすく作られていれば、1ページだけで見るのをやめる人の割合は減ります。Googleとしても検索順位上位に表示しているブログが、その記事だけしか見られないよりも、他のページも見られている方が、検索ユーザーにとって価値あるブログを上位表示できている、と考えるのは自然ですよね。

単純に、直帰率が低い方が、それだけ2ページ以上見られていることになるのでアクセスアップします。さらに、直帰率が低いことで、Googleからの評価も高まるのです。

アクセスアップ効果3:1セッションあたりの閲覧ページ数が増える

さきほどは直帰率の話で、直帰率が低ければ2ページ以上見られている割合が高くなるという話でした。今度は、1回あたりのサイト閲覧で何ページ見られているか、という話です。

関連するブログ記事がたくさんあり、回遊しやすければ、複数ページを閲覧してもらえます。関連する記事で、検索ユーザーの役に立つブログが多ければ多いほど、1回のサイト閲覧あたりに見られるページ数、ブログ数は増えます。1回に3ページよりも5ページ、10ページと多くのブログ記事が閲覧されているサイトの方がGoogleが高い評価をするのは当然ですよね。

閲覧されるブログ記事数が多ければアクセスアップになりますし、Googleからの評価も高まります。

アクセスアップ効果4:サイトの滞在時間が長くなる

滞在時間とは、閲覧している時間です。品質が低い記事だと、読み始めてすぐに離脱されてしまう可能性が高いです。品質が高い記事だとしっかり最後まで読んでもらえるので、たとえ斜め読みされたとしても、品質が低いブログ記事よりは滞在時間が長くなります。

しかも、関連する記事があって複数記事を回遊してもらえれば、その分滞在時間は長くなります。Googleからしてみても、滞在時間が短いよりも長い方が、検索ユーザーにとって価値あるサイト・ブログと評価できますよね。

サイト滞在時間が長くなる=複数記事が読まれているためアクセスアップしていることになりますし、Googleからの評価も高まります。

アクセスアップ効果5:ブログに外部リンクが貼られる

品質の高いブログを書くと、その記事が「いいな、ためになるな、面白いな」と思った人にリンクを貼ってもらえます。これを外部リンクといいます。

もしあなたがブログを今書いているなら、今までにあなたのブログの中で誰かの記事のリンクを貼って紹介してことはあるでしょうか?この記事ためになるよ、面白いよって。なかなかないのではないでしょうか?紹介する以上は、やはり本当に役に立つもの、気付きがあるもの、面白いものでないとダメだと思うから。それだけ、外部リンクを貼られるということは価値があるのです。

外部リンクが貼られると貼った人のサイト・ブログ経由でアクセスがくるようになるため、アクセスアップになります。外部リンクの数が増えれば、それだけ価値が高いとGoogleからも評価されます。

ただし、外部リンクは注意が必要です。これは外部SEOと呼ばれ、ひと昔前まではこれだけで上位表示を実現できていました。しかし、恣意的に張った外部リンクが増え、ただ外部リンクがあるだけでは意味がなくなりました。

検索アルゴリズムが進化することで、関連性のないテーマを扱うサイトやブログから外部リンクが貼られても、外部SEO狙いの恣意的な外部リンクとみなされて評価されません。むしろ逆効果です。

あなたがやるべきことは、品質の高いブログを書くことだけです。本当に良いと思ってくれた人が、自然な流れ外部リンクをしてくれるように。

まとめ

ブログのアクセスアップは100記事書いたらとか、そのような単純なものではないことは分かっていただけたでしょうか?

あくまで「1記事でよいので品質の高いブログを作り検索上位に表示させる」「関連性のあるブログ記事を書いて回遊性を高める」が基本です。
この2つを愚直に追い求めて改善していくことで、派生効果が得られるのです。
・検索からのクリック数が多くなる
・サイトの直帰率が低くなる
・1セッションあたりの閲覧ページ数が増える
・サイトの滞在時間が長くなる
・ブログに外部リンクが貼られる
1個1個の積み上げに近かったものから、関連する記事分のアクセスがアップし、さらに派生要素が複合して効果を発揮してアクセスが急激にアップする、そんなステップです。
ぜひ、戦略的に書くブログを決め、素早くアクセスアップを実現してください。

この記事と一緒によく読まれている記事

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ