採用・集客ホームページ制作は川崎市のビーシーソリューション

SEOとは検索上位表示のこと?誤った理解で誤った対策をしないように!

Web活用

投稿日:    更新日:

ホームページ制作の仕事をしていると、きっても切り離せないことの1つにSEOがあります。そして、SEOほど独り歩きしている用語はありません。

SEOというと、あなたは何だと理解していますか?

「そりゃ、SEOは検索結果の上位に表示するための技術のことでしょ?」と答える人がほとんどでしょう。でも、これは誤った理解です。誤った理解のままでいると、誤った対策をしてしまい、結果的に検索上位に表示することはできないことになります。

SEOとは何か?本質を理解することで、本当に必要な対策ができるように解説していきます。

SEOが検索結果の上位表示をする技術というのは誤った理解

SEOは略語です。正式には、Search Engine Optimization(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)で、その頭文字を取ったものです。日本語に訳すと、検索エンジン最適化となります。

検索結果の上位に表示する方法や技術といった単語は、いっさい含まれていません。

中には、こういう人もいるかもしれません。「日本語訳は関係なくて、実態は検索結果の上位に表示することを意味しているでしょ?」と。

あなたがすでにホームページをもっているなら、SEOの業者から「XX業界でよく検索されるYYYというキーワードで検索結果の上位に表示したくありませんか?」と営業を受けたことがあるはずです。そういう人がたくさんいて、「SEO=検索結果の上位表示」という理解が浸透していったものと考えられます。

検索エンジン最適化と検索結果の上位表示の違い

SEOの本来の意味は検索エンジン最適化だとして、検索結果の上位表示と何が違うでしょうか?ここに違いがあるからこそ、このコラムを書いているのですが。

「検索エンジン最適化」をすることによって、その結果、「検索結果の上位に表示される」という関係になります。つまり、原因と結果の関係です。

原因となる「検索エンジン最適化」の意味することをきちんと理解することなく、ただ「検索結果の上位表示」だけを追い求めると、小手先だったり一過性のテクニックやノウハウを常に追い続けることになります。

弊社のクライアント先からSEO業者からこんな営業がきたよと教えてもらうフレーズは「SEO対策はGoogleとのいたちごっこ。ころころ検索順位が決まるアルゴリズムが変わるので、専門業者に任せないとSEO対策はできませんよ。」というもの。

たしかに、Googleは検索エンジンを進化させ続けています。ですが、ずっと変わらない軸となる考え方があります。そこを理解するには、「検索エンジン最適化」が意味することを理解するよりほかありません。軸となる考え方以外に焦点をあてると、小手先や一過性のテクニックやノウハウの話になってしまいます。

ちなみに、SEO業者がすべて上記のような営業トークをしてくるわけではありません。本質からアプローチしてくれる素晴らしい業者もたくさんありますので、あしからず。

Googleの軸となる考えは検索ユーザーファースト

今どきの言葉を使ってみました。〇〇ファースト。

Googleは今に始まったことではなく、ずっと検索ユーザー第一主義で検索エンジンというサービスを提供しています。これは当たり前です。Googleにとってのお客様は、検索エンジンで検索をするユーザーですから。

つまり、お客様第一主義。あまりにも当たり前すぎて拍子抜けしましたか?

いまいち、検索する人がGoogleにとってお客様というのがピンとこない人もいるかもしれません。それは、検索エンジンは無料で使えるからでしょう。Googleの収入源は、検索エンジンに掲載する広告収入なのです。

検索ユーザーがGoogleの検索エンジンに満足してくれて使ってくれなければ、そこに広告を出す人が少なくなってしまいます。あなたが広告をだす側の立場だったら、より多くの人がみてくれる媒体に広告を掲載したいですよね?そういうことです。

それがSEOとどう関係するの?と思った人もいるでしょう。Googleのお客様第一主義=検索エンジン最適化の内容を理解すれば、SEOとの関係もみえてきますので、もう少し読み進めてください。

SEO(検索エンジン最適化)はあなたにとってのお客様ファースト

Googleにとっても、あなたにとっても、検索するユーザーを満足させるというお客様第一主義では一致するものなのです。SEOを考えるときに、「Googleのためではなくユーザーのために考えるものだから、Googleがどうこうは考えなくて良い!」と言う人もいますが、私はしっかりGoogleの立場にも立って考えることは重要だと考えます。

例えば、あなたがスーパーに惣菜を卸している食品業者だとします。スーパーは来店するお客様に品揃えや品質で満足してもらえるように工夫を凝らします。そのスーパーに惣菜を卸す業者であるあなたは?スーパーのコンセプトを理解して、そこに来店するお客様のターゲット層から、こんな惣菜を置いたらより満足してくれるのではないか?と考えませんか?

では、検索エンジンというお店におけるGoogleのコンセプトは何か?お客様第一主義の具体的に意味していることは何か?

それは、「検索ユーザーが解決したいこと」に対して、「解決するのに役に立つ・価値がある情報を提供すること」。そして、その情報が「分かりやすく、簡単に、ストレスなく閲覧できること」です。

検索エンジン最適化の「最適化」とはなにか?がこれで分かるはずです。Googleにとっては、検索エンジンで検索をしたユーザーに、より適した解決策を提示しているWEBページを上位に表示したいわけです。この検索エンジンの目的・役割を理解したうえで、解決策を提示するコンテンツを作ることが検索エンジンに最適化するということです。

あなたにとってSEOは「検索ユーザーが解決したいことに対して、解決のための有用な情報を他より優れた内容・方法で提供することで、検索エンジンをつうじてアクセスを増やすためのあらゆる施策」を意味します。

Googleはウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)としてWEBサイトに求める品質を定義しています。

細かくは、品質に関するガイドラインに書かれているルールに適用するようにあなたのWEBサイトをチューニングしていく必要があります。しかし、木を見て森を見ずにならないよう、各ルールの背後にある本質を忘れないことがSEOでは重要です。

SEO対策はどのように実施すればよいか?

SEOの本質が理解できたとして、どうやってあなたのホームページのSEO対策を実施していくか?は悩まれる人が多いでしょう。

餅は餅屋でSEO業者に外注した方がよいのか?ホームページを制作した業者に依頼したらいいのか?まずは自社でできることからやっていくべきなのか?・・・

もうこれに関しては、あなたの状況次第です。

コツコツとSEO対策をして検索からあなたのホームページにアクセスする人を増やしていきたい!という人の中には、お金をかけられないから、という人も多くいるはずです。そういった方は、まず自分でできることから始めるのが良いでしょう。

ある程度予算をかけられるなら、時間と労力がかかることなので、SEO業者かホームページ制作会社に依頼するのが賢明です。ただし、ご理解いただいたとおり、SEOの本質を満たすには検索ユーザーに役に立つ・評価されるコンテンツを作る必要があります。そのため、コンテンツを一緒になって考えられる業者を選ぶことが何より大切です。

ちなみに、当社の場合はSEO対策という言葉はいっさい使っていません。運用改善サポートとしか言っていません。あくまで運用する中で、検索ユーザーにとってより役に立つコンテンツに改善したり、追加することが、結果として検索順位のアップにつながるからです。

この記事を参考に、是非、適切なSEO対策を実施することで、結果として、あなたのホームページの上位表示を実現してください!

※ご存じない人もいるかもしれませんので補足しておきます。日本ではYahoo!も2010年からGoogleの検索エンジンを使っており、GoogleとYahoo!を使った検索が約9割の日本では、GoogleのSEO(検索エンジン最適化)を理解しておけば、問題ありません。

まとめ

・SEOは検索結果上位に表示する方法や技術のことではない
・上位表示ばかりに目を向けると枝葉の部分に目が行き、小手先や一過性のテクニックやノウハウを追い求めることになってしまう
・Googleもあなたも検索ユーザーに満足してもらうことが第一なのは同じ
・検索ユーザーにとってより役に立つ情報・価値がある内容をストレスなく閲覧できるようにする

この記事とあわせてよく読まれている記事

【Googleアナリティクスの使い方】初心者必須のWEBサイト改善方法
SEOの基本「タイトル」のつけ方で初心者でも簡単に検索順位が上がる
SEOに必要なコンテンツの文字数は?検索順位をアップするには?
SEO初心者が検索順位をアップする第1歩はページ数を増やすこと!

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ