スマホ対応サイトがないと検索順位が下がる!?モバイルファーストインデックス

Web活用

投稿日:    更新日:

はじめに

あなたの会社のWebサイトはスマホ対応しているでしょうか?
もし、まだ対応していなくて、かつ、Webサイトを集客目的で利用しているのであれば、知っておかなければいけない重大なグーグルのアルゴリズム変更があります。

うちは一般消費者向けの商品サービスを扱っていなくて、法人向けだからスマホ対応は関係ないと考えていた方にこそ、この記事は読んでいただきたいです。

モバイルファーストインデックス。この言葉を聞いたことがあるでしょうか?

モバイルファースト、文字通り、モバイルを一番にするということです。インデックス、これはWebサイトのページをグーグル(検索エンジン)に登録するということです。

つまり、グーグルはこれまで検索順位をパソコンファーストで決めていたのを、モバイルファーストに変更しますよ、ということです。

それだけ、スマホなどのモバイル端末が広く普及し、スマホなどのモバイル端末でインターネットに接続して検索するユーザーが増加したということです。検索エンジンを提供するグーグルは、検索ユーザーにいかに満足してもらうかが大切。スマホなどのモバイルで検索したときに、パソコン用に作ったホームページが検索順位の上位に表示される。アクセスしたら文字が小さくて読めない・・・となったら、それでは検索ユーザーに満足してもらえません。

こうした時代の流れを受けて、モバイルファーストインデックスを導入することになったのです。

もしあなたがパソコンサイトしか持っていないなら、モバイルファーストインデックス導入にあたって、検索順位を下げないために何をすればいいのか?ただ単にスマホサイトを作れば良いのか?何か考慮しないといけないことがあるか?お伝えしていきます。

グーグルによるモバイル対応に関するアルゴリズム変更

これまでも、モバイルファーストインデックスの導入について、何度かグーグルからアナウンスがされてきました。なにせ、パソコンファーストからモバイルファーストへと、かなり大きな検索アルゴリズムの変更ですから。グーグルも慎重にステップを踏んで導入している印象です。

2015年4月21日のモバイルフレンドリーアルゴリズムの導入

これは、スマホなどのモバイル端末での検索時に、モバイル用に最適化されていないWebサイトは、モバイルでの検索順位が下がるかもしれないというものです。

簡単に言うと、スマートフォンなどのモバイルで見る時に見づらいWebサイトは、ユーザーにとってマイナスなので、そういうWebサイトは評価しませんよということです。Googleの考え方の基本は「いかに検索ユーザーの利便性を高められるか」です。それを考えると、パソコン用のWebサイトがモバイルで表示されて、文字が小さくて読めないというのは、これは検索ユーザーの利便に資してない、というのは明らかです。

このアルゴリズム変更、戦々恐々と2015年4月21日を迎えた人が結構いたと思います。でも、蓋を開けてみると、いきなり大規模な順位変動が起きるわけでもなく、別にそんな影響ないじゃん、という感じでモバイル対応はまだ先でいいやと感じた人が多かったはずです。

2016年5月12日のモバイルフレンドリーアルゴリズムのアップデート

スマホなどのモバイル検索時の検索順位に、よりモバイル対応の実施、未実施による影響を拡大・強化する変更でした。

この頃になると、Webサイト制作会社も基本的にはレスポンシブウェブデザインでWebサイトを制作するようになっていました。レスポンシブウェブデザインとは、PC、タブレット、スマートフォンなどで最適に表示するものです。ですので、新規で制作した会社は特に影響がなく、昔に作ったもので2015年4月のアルゴリズム変更を受けても、まだモバイルに対応していない方がそろそろモバイル対応しないとマズイかなと思って対応し始めたくらいの感覚でした。

実際、BtoCのビジネスで、かつWebサイトを積極的に活用している会社は、2015年4月時点でモバイルに対応完了していたはずです。

一方で、BtoBのビジネスや、BtoCでもそこまで積極的にWebサイトを活用していない会社は、投資対効果から考えても特に急いでスマホ対応をする必要性は感じず、きっと今でもスマホ対応していないと思われます。

2016年11月4日のモバイルファーストインデックスの発表

冒頭に記載したモバイルファーストインデックスについて初めて公表されたのがこのときです。

この時点では、具体的にいつから適用されるアルゴリズムの変更か分かりませんでした。とりあえず、スマホ対応を早めに済ませておいた方が良さそうだということで、スマホ対応された方もいるでしょう。

2018年3月27日のモバイルファーストインデックスに関するアナウンス

グーグルウェブマスター向け公式ブログでより詳細な内容が公表されました。抜粋してポイントを確認しましょう。
全文を確認したい方は、次のURLからご確認ください。
https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/03/rolling-out-mobile-first-indexing.html

モバイルユーザーの検索利便性の向上

本日、Google は 1 年半の慎重な実験とテストの結果、モバイル ファースト インデックスのベストプラクティスに準拠したサイトの移行を開始したことを発表します。
これまで、Google のクロール、インデックス、ランキング システムでは、主にデスクトップ版のコンテンツが使用されてきました。そのため、その内容がモバイル版と大きく異なる場合、モバイル検索ユーザーに問題が発生する可能性がありました。 モバイル ファースト インデックスとは、モバイル版のページをインデックスやランキングに使用し、主にモバイル ユーザーが探しているものを見つけやすくすることを意味します。

これは、パソコンとスマホで別のサイト/ページを用意している場合に、パソコンサイト/ページだけで検索順位を決めてしまうと、パソコンとスマホで見れる内容が大きく変われば、それはモバイルユーザーにとって不利益に繋がるという考え方を表しています。

GoogleSearchConsoleの登録促進

モバイル ファースト インデックスに移行しているサイトは、Search Console で通知します。 サイト所有者は、スマートフォンの Googlebot からのクロールが大幅に増加することに気づくでしょう。

GoogleのSearchConsoleというツールがあり、ホームページ制作会社が登録してくれているはずです。ホームページ制作会社に確認してみてください。

ちなみに、サイトへのアクセスを分析するツールとしてGoogleAnalyticsというのを聞いたことがあるかもしれません。GoogleAnalyticsは言ってみれば、あなたのホームページへのアクセスログ。一方、GoogleSearchConsoleとは、あなたのホームページの解析ツール。

もし、GoogleSearchConsoleに未登録、ということであれば必ず登録してください。

モバイルフレンドリーなコンテンツの推奨

モバイル ファースト インデックスは、コンテンツのランキング方法ではなく、コンテンツの集め方に関するものです。コンテンツが モバイル ファースト インデックスによって集められたものであったとしても、その他の方法で集められたコンテンツやデスクトップ版のコンテンツに比べてランキング優位性があるというわけではありません。

一方で、Google ではモバイル フレンドリーなコンテンツを引き続き推奨しています。 私たちは、インデックスのすべてのコンテンツ(デスクトップであろうとモバイルであろうと)を評価して、それがモバイルフレンドリーであるかどうかを判断します。

ランキング、つまり検索順位の決定方法ではなくてコンテンツの集め方であって、パソコンサイトしかなくても、そのコンテンツより検索順位に優位性があるわけではない、とあります。スマホサイトがなくても、それだけをもって検索順位が下がることはないと分かります。

ただ一方で、モバイルフレンドリーなコンテンツ、つまりスマホサイトに最適化されたサイトを推奨していると。先ほど記載したとおり、スマホをはじめとするモバイルユーザーによる検索が増えている中、スマホサイトでも文字や画像が見やすい方がグーグルにとって検索ユーザーの満足に繋がりますから、当然と言えば当然です。

表示速度アップがモバイルユーザーのニーズ

表示に時間のかかるコンテンツは、デスクトップとモバイルの両方の検索結果に悪影響が出ることが、最近発表されました

これはパソコンであろうと、スマホであろうと読み込み時間が遅いサイト/ページは、それが理由で検索ユーザーがあなたのサイトから離脱することを意味しています。グーグルとしても、サイトが高速に読み込めることは検索ユーザーの満足に繋がります。検索上位のサイトをクリックしても、なかなか読み込めなくて表示に時間がかかったらイライラしますよね。

モバイル対応状況を確認する2つの方法

あなたのサイトがモバイルファーストインデックスに対応するために、スマホなどの表示で最適化されているかを確認する方法を2つ紹介します。

1つは、グーグルの提供する「モバイルフレンドリーテスト」というツールです。
https://search.google.com/test/mobile-friendly?hl=ja

「このページはモバイルフレンドリーです」と表示されればOKです。問題があれば、その詳細が表示されます。
このツールの問題点は、ページ単位での確認ツールという点です。サイト全体での対応状況の確認ができません。そこで、次にサイト全体で確認ができるツールを紹介します。

もう1つは、同じくグーグルの提供するツール。先ほども登録をするようお薦めした、GoogleSearchConsoleによる確認です。

「モバイルユーザビリティに問題はありませんでした」と表示されればOKです。問題があれば、対応が必要なページの一覧が表示されます。

モバイル対応における注意点

もしあなたのサイトがスマホなどのモバイルに対応していないのであれば、今すぐ対応すべきです。

グーグルのアナウンス内容だけを見ると、モバイル対応していないことだけを理由に検索順位を下げることはしないと読めます。しかし、モバイル版のコンテンツをメインにしていくこと、モバイルフレンドリーを推奨していることを明記している以上、スマホユーザーのユーザビリティが低いパソコン用サイトしかなければ、検索順位が落ちる可能性は否定できません。

グーグルが直接的に表現していないだけで、スマホなどのモバイルに対応していなければ、検索順位が落ちると考えた方が無難ではないでしょうか

では、パソコン用サイトしかない方がこれからスマホサイトを作るときに、何を注意すれば良いか。ここでは、3つのポイントに絞って必要な対応を記載します。

スマホ対応ポイント1.PCサイトとスマホサイトを同一URLにする

グーグルは以前よりレスポンシブウェブデザインを推奨しています。詳しくは次のグーグルのガイドをご覧ください。
https://developers.google.com/search/mobile-sites/mobile-seo/?hl=ja

https://developers.google.com/search/mobile-sites/mobile-seo/responsive-design?hl=ja

グーグルのガイドからも分かるとおり、URLが1つであることがレスポンシブウェブデザインが推奨される理由の1つとなっています。URLが同一であれば、グーグルもインデックスで漏れがありません。でも、PCサイトとスマホサイトでURLが別々だと、どちらかでページのインデックス漏れが起きるかもしれません。グーグルとしては正確にサイトの情報をインデックスする上で、同一URLの方が好ましいのは想像に難くありません。

なお、レスポンシブウェブデザイン以外に、動的配信という方法でも同じURLでPC用とスマホ用のサイトを表示することができます。ここでは詳細を省きますが、場合によってはレスポンシブウェブデザインよりも動的配信が好ましい場合がありますので、何でもかんでもレスポンシブウェブデザインで対応すれば良い訳ではないことは覚えておいてください。

スマホ対応ポイント2.PCサイトとスマホサイトを同一コンテンツにする

PCサイトのコンテンツをそのままスマホサイトに表示しようと思ったら、コンテンツ量が多すぎる。だから、スマホサイトはコンテンツ量を減らす。そのこようなことはしないでください。

コンテンツを減らすことで検索順位が下がる可能性があります。
スマホサイトのスクロール量が多くなるのが気になるなら、その対策はできますから。

例えば、次のような方法があります。
・文字が多すぎるなら「もっと見る」ボタンを押すと続きを表示する
・画像が多すぎるならスライダーで表示する

ちなみ、同じコンテンツという言葉で誤解される方もいるので、少しだけ補足します。PCサイトの画像をそのまま使うと画像サイズの問題で表示が小さくなる場合は、スマホサイト用のサイズで加工した画像を表示するのはもちろんOKです。同じという言葉を杓子定規に捉えないようにしてください。

スマホ対応ポイント3.スマホサイトからデザインを検討

PCサイトをレスポンシブウェブデザインで対応する場合にありがちなのが、ただ表示を最適化(文字や画像を見やすくする)するだけという誤りです。

これは、サイトによってはスマホサイトが見にくくなることがあります。最悪、レスポンシブウェブデザインでスマホ対応することでWebでの成約率が落ちてしまうこともあります。

スマホでの操作性を考慮にいれなければ、誤操作を招いてしまいます。例えば、フォームをクリックしようと思ったら、隣の電話ボタンがクリックされて電話がかかってしまう、開こうと思ったリンクと違うリンクが開いてしまう等です。
他にも、誤操作ではなく、フォームの項目が多くて入力が嫌になって閉じるボタンを押されることもあります。

スマホは小さなデバイスのため、そもそも問い合わせフォームや電話ボタンなどをクリックしやすいように、常に固定して表示しておくなど、スクロールして検索ユーザーが探す手間を省くことも必要です。

これらのことはスマホサイトを起点に考えることで気付くことができますが、PCサイトを起点に考えて形だけスマホ対応すると上手くいきません。

目的はモバイルファーストインデックス対応のためにスマホサイトを作ることではなく、そのスマホサイトを通じてお客さんに取って欲しい行動を取ってもらうことです。問い合わせをしてもらう、注文してもらう、見積り依頼をしてもらう。そういった行動です。これを忘れないようにしましょう。

この記事を書いた人

代表写真

馬場 宏

インターネットに情報が氾濫する時代。テクニックやノウハウを追い求める人が多いことを憂う。中央省庁勤務時代に磨いた本質思考を武器に、テクニックやノウハウの背後にある普遍的な考えに基づくコンサルティングとWeb制作を行うことを得意とする。お客様に寄り添いながら、しつもんを駆使して問題解決を行う手法に定評がある。

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ