問い合わせが増えるお客様の声の作り方3つのポイント

Web活用

投稿日:    更新日:

ホームページを作るときに、制作会社から言われる必須コンテンツの1つは・・・
「お客様の声」ではないでしょうか?

その理由は、お客様の声を入れることで、問い合わせの数が増えるから。
わざわざお客様から承諾をえて、お客様の声をホームページに入れたのに、問い合わせが来ない、、、
そんな悩みがある方もいるのではないでしょうか?

これからホームページを作るのに、どのようにお客様の声を作れば良いのか、作り方が分からないという方もいるでしょう。

お客様の声に限らず、きちんと作り方を理解していないと、問い合わせに繋がるコンテンツにはなりません。見込み客の心理をおさえた作り方が分かっていれば、問い合わせが2倍、3倍になる可能性があります。

そんな問い合わせが増えるお客様の作り方のポイントをお伝えしていきます。

問い合わせが増えるお客様の声の作り方3つのポイント その1:伝えるべき軸となることは何か?

この1つ目の作り方のポイントがもっとも大切です。
これが軸となり、この後に説明する2つのポイントが活きてきます。
ですから、この1つ目のポイントをしっかり理解してください。

1つ目のポイント、それは、、、
あなたがお客様に提供できるベネフィットが明確になっていることです。

ホームページを作るときに、「機能、特徴、ベネフィット」を理解すること。
そして、ベネフィットを見込み客にきちんと伝えること。
そのために、ベネフィットを明確にしましょう、と言われはずです。

ベネフィットが明確になっていないと、お客様の声を有効に使うことができません。

考えてみてください。
ベネフィットが明確になっていないなら、、、お客様の声を使って何を見込み客に伝えるのでしょうか?

とりあえず、アンケートに答えてくれた、お客様の声をくれたお客様についてホームページに載せておこう、そんな考え方になってしまいます。
そうすると、あなたが見込み客に本当に伝えたいこととは、まったく関係ない内容を書いている声を載せてしまうことになりかねません。

問い合わせが増えるお客様の声の作り方3つのポイント その2:読みたくなるのはどのような内容か?

あなたが提供できるベネフィットが明確になり、
そのベネフィットが軸となるように作ることは分かった。
でも、それだけで読んでもらえるのか?
そのような疑問を持つ方もいると思います。

このような疑問をもった方は、鋭い視点をお持ちです。
では、どうすれば読みたくなる、ついつい読んでしまう作り方になるのか?・・・
それは、ストーリーで伝えることです。

人間は生まれながらに物語が好きです。
ですから、人に読んでもらいたければ、物語で伝えるのが一番良いのです。
そのように言われます。

ここ数年、ストーリーとして伝えることの重要性が着目され、書籍でもよく扱われているテーマでもあります。

実際、ホームページに載せるお客様の声を作るのに、どのようにストーリーを使えばよいのか・・・
それは、どのようなきっかけで、どのような変化があったのかを伝えるのです。

この変化の部分が、いわゆるビフォーアフターです。
あなたが提供する商品・サービスを利用することで、そのベネフィットを享受し、アフターの状態としてベネフィットを手に入れた状態になっている、それを伝えるのです。

見込み客は、あなたの商品・サービスを利用することで、そのベネフィットを手に入れたいと思うのですから。

そして、その変化はどのようにして起こったのか?何もなく突然起きることはないです。
変化をもたらすような、何かきっかけがあったはずです。
変化のきっかけまで含めてお客様の声を作ることで、単なるビフォーアフターではなく、読んでみたいと思うストーリーの作り方となります。

問い合わせが増えるお客様の声の作り方3つのポイント その3:読む人に何を感じてもらうのか?

ポイント2までで、ホームページに載せるお客様の声のコンテンツとして作り方は十分です。

最後のポイント3では、どのお客様の声を使うのか?
について考えていきます。

今後、ポイント2までの内容を踏まえて、たくさんのお客さんから声をもらったとして、、、
どんな基準でホームページに載せるものを選びますか?
せっかくだから全部載せますか?
さすがにホームページに全部載せる訳にもいきません。

人はパッと見の情報量が多くなるだけで、嫌になってしまうものだからです。
ですから、やはり絞る必要があります。すべてのお客様の声を使いたいときは、「もっと見る」ボタンをクリックしたら一覧に飛ぶ作り方にすると良いです。

絞るための考え方は大きく2つあります。

1つはあなたがメインターゲットとしている見込み客から、お客様になった方。
ホームページを通じて、メインターゲットの方に向けてメッセージを発信する。
そこに、お客様の声という形であなたの発信するメッセージが本物であると証明するのです。

そしてもう1つ・・・

あなたの商品・サービスをあまり利用しない見込み客です。

例えば、60代で普段はあまりスマホを使わない、SNSもあまり利用しない人。
そのような人が、今やっている集客方法では限界を感じているとします。
そこでFacebook広告で集客するサイトを、効果に疑いの目を持ちつつも読むとします。

自分みたいな年齢層だったり、自分がやっているビジネスではFacebookは使えないのでは?
と思っているものの、そこに自分と近い年齢の人や、同じ業種の人が成果が出た!とお客様の声がホームページに載っていたら?

自分にも効果があるのではないか?と思うようになるのではないでしょうか?

これは、読み手に新たな価値観を提示しているのです。
既に持っている価値観を変えることは難しいですが、新しい価値観を提供することで、今までお客様として少なかった層のお客様が増えることに活用していけます。

まとめ

以上、問い合わせが増えるお客様の声の作り方3つのポイントでした。

その1:伝えるべき軸となることは何か?
その2:読みたくなるのはどのような内容か?
その3:読む人に何を感じてもらうのか?

この記事と一緒によく読まれているブログ

ノウハウ・テクニックではないホームページで成果を出す考え方

問い合わせが増加する入力フォームを作る3+1つのポイント

見込み客に嫌われない他社との比較ページの作り方3つのポイント

この記事を書いた人

代表写真

馬場 宏

インターネットに情報が氾濫する時代。テクニックやノウハウを追い求める人が多いことを憂う。中央省庁勤務時代に磨いた本質思考を武器に、テクニックやノウハウの背後にある普遍的な考えに基づくコンサルティングとWeb制作を行うことを得意とする。お客様に寄り添いながら、しつもんを駆使して問題解決を行う手法に定評がある。

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ