採用・集客ホームページ制作は川崎市のビーシーソリューション

SEOに必要なコンテンツの文字数は?検索順位をアップするには?

Web活用

投稿日:    更新日:

・コンテンツは2000文字以上で作るとSEOの効果があると聞いたけど、文字数の多いコンテンツをたくさん作ったのに検索順位が上がらないため、アクセスも増えない・・・
・検索順位のアップとコンテンツの文字数は本当に関係あるの?検索エンジンはもっと複雑な評価をしているんじゃないの?

このような悩みや疑問をもっている方は多いですよね。

実際に、大作とも言えるような文字数が多いコンテンツを作っているのに、検索エンジンに評価されず検索順位が低いページはたくさんあります。

Googleの検索アルゴリズムは年々進化しています。そのため、SEO対策は小手先にのテクニックやノウハウでは効果が出なくなっています。コンテンツの文字数が多ければ検索順位上位に表示されたり、検索順位がアップするなんて単純なものではありません。

とはいえ、検索順位がなかなかアップしないと悩んでいる方にとっては、文字数が多いコンテンツがSEOで評価され検索順位がアップするという都市伝説の背後にあるSEO対策の本質を理解することが検索順位アップの解決策の大きなヒントとなります。

一体どういうことか、解説していきます。

【結論】文字数が多いコンテンツは本当にSEOで有利なのか?

文字数が多ければSEOで評価され、検索順位が上位に表示されるというものではありません。

検索エンジンは、表面的な文字数だけでコンテンツを高く評価してくれるような単純なものではありません。検索順位を決めるアルゴリズム(プログラム)はあの優秀な社員が集うGoogleが作っているのです。そして、常に改善を続けているのです。ですから、そんな表面的なSEO対策で高い評価が得られるはずがないのは当然です。

文字数に対するGoogleの見解は?

実際に、Google社員のジョン・ミューラーが文字数に言及したことがあります。

要旨は「文字の多い少ないや画像の量で評価するアルゴリズムは存在しない」「他より本当に優れていて、ユーザーの検索意図にかなったものかで評価している」というものです。

SEO対策の本質である検索エンジンに評価されるコンテンツとは?

ジョン・ミューラーの発言から分かるとおり、SEO対策の本質は、ユーザーの検索意図を満たす、ユーザーにとって役に立つ・価値がある他より優れたコンテンツを提供することです。

言い換えると、ユーザーが検索するのは問題解決のために質問することであり、質問に対する答え・解決策が検索結果一覧に表示される。そして、質問に対する回答・解決策としてより優れたものから順番に表示することを意味しています。

SEO対策ではGoogleアナリティクスの各指標を改善するように書かれていますよね。
・サイト訪問者数が多い
・サイト滞在時間が長い
・直帰率が低い
・外部リンクが多い

WEBサイトになるようにと。

そうすると、各指標の値を改善しようと枝葉のSEO対策ばかりに終始してしまいがちです。根幹となるSEO対策である「ユーザーの検索意図を満たす、ユーザーにとって役に立つ・価値がある他より優れたコンテンツを作れば」結果的にこれらの指標値も改善されます。

枝葉のSEO対策ばかりしていると、永遠に小手先のSEOテクニックやノウハウを追いかけることになります。そうではなく、本質的なSEO対策をしてコンテンツをGoogleに評価してもらいましょう。

検索意図(キーワード・テーマ)で必要なコンテンツの文字数は変わる

「ユーザーの検索意図を満たす」とありました。あなたもそうだと思いますが、検索エンジンで検索するときは、なにかしらの意図をもってキーワードを選び、検索しているはずです。

検索意図によって、必要なコンテンツの文字数は変わります。

占いが好きで毎日占いの結果を見てから出勤したい人の例で考えてみましょう。

占いサイトで、今日のおとめ座の運勢を知りたいとします。こういう人の検索意図は「占い結果の運勢を知りたい」です。そのため、占い結果がすぐに分かることが大切です。

占い方法の詳細が長々と書いてあって、その後に今日のおとめ座の運勢を書いても読んでもらえません。検索意図は「今日の運勢を知りたい」であって、「占い方法の詳細が知りたい」ではないからです。

もう1つ、新規開拓営業で悩む人の例で考えてみましょう。

営業職で新規開拓を任されたけどなかなか結果が出ない。状況を改善するために新規開拓営業の方法を知りたいとします。

方法が箇条書きで書かれているだけで、役に立つでしょうか?なにか気付きが得られるでしょうか?そんなことはありません。「新規開拓の営業方法の一覧が知りたい」のではなく、「新規開拓の営業にはどんな方法があって、それぞれの方法のやり方やコツが知りたい」という検索意図があると想像できますよね?

この検索意図を満たすコンテンツを作ろうと思えば、必然的に文字数も多くなるでしょう。

SEOに評価されるコンテンツを作るには、
検索キーワードの背後にある、ユーザーの検索意図はなんなのか?
その検索意図を満たすために、どのようなコンテンツが必要なのか?

しっかり考えましょう。

SEO対策したいキーワードの検索結果からコンテンツの参考文字数をおさえる

ユーザーの検索意図を満たす、ユーザーにとって役に立つ・価値がある他より優れたコンテンツを作らないといけないことは分かった。でも、なにか参考になる数値はないのか?あれば知りたいと思う人も多いでしょう。

参考になる文字数が知りたければ、あなたがSEO対策したいキーワードで検索をしてください。

そして、検索結果1ページ目の競合サイトの文字数をカウントしてください。検索順位が10位以内になっているのですから、他のサイトよりはSEO対策が実施されている可能性が高いです。今現在、検索エンジンから高い評価を受けているWEBサイトやブログなのですから、十分参考になります。

検索すると、10位以内でもコンテンツの文字数にバラつきがあることが大半です。あくまで参考なので、平均的にどの程度の文字数なのか?文字数がどのくらいのコンテンツが多いのか?を知る程度で構いません。

SEO対策において、「具体的にどんな検索キーワードだったらコンテンツは何文字で作ると検索順位上位に表示できる」という検索エンジンの評価はないのですから。

なお、文字数のカウントは、インターネット上にさまざまなツールがあります。今回は、こちらのツールを使って文字数をカウントしました。http://www1.odn.ne.jp/megukuma/count.htm

例)「SEO対策 方法」で検索順位上位のコンテンツの文字数を調査した結果

まさにこの記事を読んでいる方は知りたい内容と思われる「SEO対策 方法」を例に、検索順位上位のコンテンツと文字数を調べてみます。

検索した結果は次のとおりです。

・検索順位1位・・・約8,300
・検索順位2位・・・約5,200
・検索順位3位・・・約12,700
・検索順位4位・・・約15,000
・検索順位5位・・・約21,600
・検索順位6位・・・約3,600
・検索順位7位・・・約10,400
・検索順位8位・・・約10,000
・検索順位9位・・・約14,400
・検索順位10位・・・約5,000

まずは、コンテンツを作成するとして、どの程度の文字数で作るかの参考を把握します。

SEOで高く評価されている検索順位1位~10位は、文字数10,000以上が10サイト中6サイト。一番少ないもので3,600文字程度で、文字数は5,000以上10,000近くないと1ページ目には入っていません。

ということは、最低でも5,000文字程度は書いた方が良さそうです。しかし、文字数を見るだけでなく、検索意図もあわせてしっかり考えておきます。

「SEO対策 方法」という組合せのキーワードです。WEBサイトやブログを運営しているけど、思ったように検索順位がアップせず、アクセスが増えなくて悩んでいる人が検索すると想定されます。その人の検索意図は「検索順位アップのためにSEO対策の具体的な方法や事例が知りたい」といった仮説が立ちます。

検索意図が「専門的な内容のノウハウを知りたい」といった場合は、検索意図を満たすコンテンツを作ろうとすれば、自然と文字数は増えていきます。

参考までに検索順位が下位のコンテンツの文字数を確認してみます。

・検索順位51位・・・約880
・検索順位52位・・・約4,900
・検索順位53位・・・約2,300
・検索順位54位・・・約2,300
・検索順位55位・・・約7,500
・検索順位56位・・・約1,200
・検索順位57位・・・約2,400
・検索順位58位・・・約900
・検索順位59位・・・カウント不能
・検索順位60位・・・約2,000

SEOであまり評価されていない51位~60位のサイトは、7,500文字が1つありますが、それ以外の文字数は2,000前後が多く、1,000以下も2サイトあります。

これらは、検索意図を満たすための内容の網羅性や具体性が不足しているため、文字数が少なくなっています。

文字数が多いのに検索順位が下位のものは、他のサイトと似たような内容のコンテンツであったり、オリジナリティがないコンテンツの可能性があります。

検索順位は他サイトとの相対的な評価で決まる

検索アルゴリズムはブラックボックスではありますが、膨大な評価項目をもっていてそれぞれの項目の点数を付けて、その結果でWEBサイトやWEBサイトを構成する各WEBページを評価しているのは間違いないです。評価項目やどの項目にどのような重み付けをしているかは分かりません。

それでも確かなのは、点数付けをした結果、同じキーワード(テーマ)で検索されたときに、どのWEBサイト・WEBページを検索順位の上位に表示するかは、相対的な評価によって決まることです。

ジョン・ミューラーの発言として、「他より本当に優れていて、ユーザーの検索意図にかなったものかで評価している」と書きました。あなたは、ユーザーの検索意図を満たしたうえで、他のサイトよりも優れた内容になっているコンテンツを作るSEO対策をしなければなりません。

「SEO対策 方法」の例では、競合サイトを調査し、最低でも5,000文字程度は必要と分かりました。

しかし、文字数が5,000以上あっても、「競合サイトと同じようなことを書いているだけ」「オリジナリティーがない」のであれば、検索上位に表示されることはありません。

検索意図を満たすのに文字数が多くなるコンテンツの作り方

検索意図を満たすために文字数が多くなる場合でも、ただ文字数が多ければいい訳ではないのは分かったと思います。SEO対策の本質をおさえてコンテンツを作ることで、検索順位上位を獲得できたり、今より検索順位をアップできます。

1ページ(記事)1テーマの原則でコンテンツを作る

これは当たり前のようで、意外とできていません。「SEO会社やブログコンサルなどに文字数を増やしてください」と言われた結果、文字数を増やすためにテーマから外れた余計な内容も盛り込んでしまうケースです。

WEBページでもブログでも、1つのページ(記事)は1つのテーマに絞ります。これは大原則です。

テーマから逸れた内容は、ノイズ(もはや見込み客にとって騒音みたいなもの)になります。ノイズのコンテンツは、SEOで評価は下がり、検索順位をアップすることはできません。

あなたが検索したときに、「そんな話はいいから、早く本題の内容が知りたい!」と思うページや記事を見たことはありませんか?繰り返しますが、SEO対策の本質はユーザーの検索意図を満たすこと。検索意図にない内容を書いて読んで欲しいと思うのは、書き手のエゴです。

検索ユーザーにとって専門性がありオリジナリティーあるコンテンツを作る

ジョン・ミューラーが言うところの「他より本当に優れていて」に関する部分です。

当たり前ですが、検索ユーザーに役に立つ・価値があるコンテンツを提供しようとすると、専門性が必要になります。しかし、専門分野の知識やノウハウ自体はそれほど変わりません。本当にオリジナルの商品やメソッドがある会社なんてごくわずかです。

それでは、他より本当に優れたコンテンツは作れないと思う人もいるかもしれません。大切なのは、「検索ユーザー(あなたの見込み客)にとって」という部分です。

あなたが定義する見込み客によって、見込み客の悩みも違えば、持っている専門知識も違うのです。そのため、検索意図が同じであっても、なにをどう伝えるか変わります。例えば、見込み客がSEO初心者の場合とSEO中級者の場合では、伝える内容が違います。使う言葉も違います。

あなたの見込み客に向けてコンテンツを作れば、自然と専門性があってオリジナリティーのある、SEOで評価されるコンテンツになります。もし、あなたが見込み客を定義しないで、広く一般的な内容を書いているなら要注意です。SEO対策ではなく、急いで見込み客を定義することからはじめましょう!

文章を何度かチェックしてコンテンツの文字数を減らす

検索意図を満たすために文字数が必要なコンテンツを作る方法なのに、反対の文字数を減らすとはどういうこと?と思うかもしれません。

はっきり言って文字数を増やすのは簡単です。反対に文字数を減らすのは難しいです。それでも、読みやすいコンテンツを作るには、不要な文字を削り落とす必要があります。

・一回書けば十分なのに何度も繰り返し同じことを書いていたり・・・
・文字数が多く文章が長い割に中身がない文章になっていたり・・・
・文章を書くときについつい癖で書いてしまう形容詞や副詞、助詞があったり・・・

SEO対策はGoogleがどう評価するかではなく、検索ユーザーが満足してくれるか?です。忙しい中、時間をさいてあなたのコンテンツを読んでもらうのですから、同じ内容を伝えるなら、より簡潔に、すっきりした文章で伝えるべきです。

文字数が多いコンテンツがSEO効果でアクセスアップする理由

SEOで評価される文字数が多いコンテンツを作れると、大きなアクセスアップにつながります。これにはいくつか理由があります。

文字数が多いとより多くのキーワードでヒットする可能性がある

「文字数が多い=検索される可能性があるキーワードが多い」という等式が成り立ちます。

文字数が多いと、キーワード候補の単語が増えるため、検索でヒットする可能性は高まります。また、見込み客はコンテンツ制作側が想定しないキーワードで検索することがあります。キーワード候補の単語に想定しない単語が含まれている可能性は、文字数が少ないコンテンツよりも高くなります。

想定しないキーワードで検索ヒットしたかは、Google Search Consoleで確認できます。

文字数が多いと複合キーワードでヒットする

キーワード候補が多くなると、キーワードの組み合わせが指数関数的に増えます。

あなたもそうだと思いますが、検索するときは単語を組み合わせることが多いはずです。例えば、日帰りで温泉に行きたいなら、「温泉」だけで検索しないはずです。エリアが決まっていれば、「熱海 温泉 日帰り」のように、エリアは決まっていないけど個室露天風呂があるのがいいなら、「温泉 個室露天風呂 日帰り」のように。

文中にキーワード候補の単語が多ければ、組み合わせが爆発的に増えます。その結果、さまざまなキーワードの組み合わせで検索される可能性がでてきます。

これはロングテールSEOといわれる考え方です。1つ1つの検索数は少ないけれども、検索順位の上位に表示することで、アクセス数を積み上げていくという考え方で、特に、中小規模の企業や個人事業主のWEBサイトでは効果的なSEO施策となります。

文字数が多いと共起語を含みやすい

SEOを意識しすぎると、検索して欲しいキーワードを大量に詰め込んでしまう方がいます。しかし、自然に文章を書くと、検索キーワード以外に、そのテーマ、キーワードに関連する言葉(=共起語)が含まれます。

共起語を調べるツールは、インターネット上にたくさんあります。私がよく使うのはこちらです。https://contentsearch.jp/cooccur-terms.php

例えば、病院のWEBサイトで手術のページを作るとします。病名と手術以外の単語で共起語があると、共起語から検索エンジンが検索キーワードやテーマを想定できます。その結果、本来SEO対策したい検索キーワードを強化できます

手術の共起語は、「治療、日帰り、入院、外科、痛み、費用、体験、方法」といった名詞や「繰り返す、受ける、治る、悩む」などの動詞などがあります。

まとめ

・「文字数が多い=検索順位上位を獲得できる」ことはない
・検索意図によって必要な文字数は変わる
・見込み客にとって他より優れた、価値がある・役に立つコンテンツであることが重要
・競合サイトの文字数は1つの参考として使用する
コンテンツのテーマ・キーワードから逸脱したノイズコンテンツは載せてはいけない
・最終的にはより見込み客に読みやすくするため文字数を減らす推敲が必要
・文字数が多いと、それだけ共起語多くなってメインキーワードが強化されたり、検索でヒットする可能性が高くなる
・キーワードの組み合わせも多くなり、ロングテールSEOの効果を発揮しやすい
・こうしたメリットをいかすためにも、見込み客にとって分かりやすい、具体的なコンテンツを提供すること

この記事と一緒によく読まれている記事

・初心者がとるべきSEO対策の第1歩はページ数を増やすこと!では、どんなページを増やせばいいか分かっていますか?

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ