WordPressを手動でインストール方法&トラブル対処法

wordpress全般

投稿日:    更新日:

WordPressの公式サイトによると、インターネット上の約29%のWebサイトがWordPressで作られていると書かれています。実際に、ホームページ制作会社でもWordPressで制作するケースがかなり多くなっています。また、外注せずに自力でWebサイトを作成する場合も、WordPressで作る人が増えています。

自力でWordPressでWebサイトを作成する場合、多くの方は簡単にWordPressをインストールできるレンタルサーバーを契約していると思います。例えば、さくらインターネットやロリポップ、xserverなどです。

これらの会社のレンタルサーバーを利用している場合は、Webサイトにあるインストール手順を読めば、本当に簡単にインストールできます。しかし、中堅規模の会社になると、簡単インストールの機能がない会社のサーバーを利用していることがあります。

この記事では、WordPressの簡単インストール機能がないサーバーを使っていて、かつ、ホームページ制作会社に外注せずに自力でWordPressでWebサイトを作る人向けに、手動でインストールする方法を説明します。

WordPress手動インストールの事前作業

ファイル転送ソフト「FFFTP」を準備する

FFFTPをインストール済みの人は読み飛ばしてください。例えば、これまでホームページビルダーで自社のWebサイトを作成していた方は、FFFTPというソフトを使用してWebサイトを構成するhtmlファイル等を、利用しているサーバーにアップロードしていたはずです。他のソフトを使用している場合でも、サーバーにhtmlファイル等をアップロードするために使っているソフトがあれば大丈夫です。

FFFTPのインストールをまだしていない人は、説明に従ってインストールしてください。macを使用している方はFileZillaなどFFFTP以外のソフトを使いたいという人がいるかもしれません。ただ、ここでは最も一般的なFTPクライアントソフトであるFFFTPのインストール方法を説明していきます。

もしかしたら、既に「ファイル転送?」「FTP?」と言葉が分からずに嫌になっている方もいるかもしれません。でも、大丈夫です。別にITの専門家になるわけではないですし、細かいことを理解する必要はありません。めちゃくちゃ簡単に伝えると、「自分のパソコンにあるファイルをサーバーに送るためのソフト」がFFFTPで、サーバーに送るための通信規約がFTPとなります。

何のためにFTPのソフトが必要かというと、WordPressを構成するファイル一式を利用しているサーバーにアップロードするためです。

「FFFTP」のダウンロード&インストール方法

「FFFTP ダウンロード」と入力して検索すれば、いくつかダウンロードできるサイトが検索結果に出てきます。OSDNのFFFTPプロジェクトでなくても、Vectorでも窓の社ライブラリでも構いません。

ここではOSDNのFFFTPプロジェクトからダウンロードすることにします。

ページ真ん中より少し下にあるWindowsマークの横にあるffftp-1.99a.exe(最新バージョンが表示されますので、ファイル名は異なる場合があります)をクリックしてください。ダウンロードが開始され、一瞬でダウンロードが完了するはずです。以下のように表示されていれば、ダウンロードは完了です。

このexeファイルをダブルクリックすればインストールが開始されます。インストール時に出てくる画面1つ1つの説明はしませんが、「次へ」ボタンまたは「はい」ボタンをクリックすれば、すぐにインストールが始まり、これちらもあっという間に完了します。

「FFFTP」の設定

続いて、FFFTPの設定です。自分が利用しているサーバーに接続できるように設定しなければ、ファイルを送ることができませんので、その設定です。FFFTPを起動して、「新規ホスト」をクリックします。

基本的に契約内容の中に、FTPに関する情報が記載されていますので、それを見ながら入力していきます。

まずホストの設定名です。ここはお好きな名称を任意に設定して大丈夫です。

次にホスト名(アドレス)です。ここはFTPサーバー名とかアップロード先サーバー名などの名称で、契約情報やサーバー情報の中に記載があります。

ユーザー名。これはFTPアカウントとかFTP用IDなどの名称で書かれていることが多いです。
パスワード。これはFTPパスワードといった感じで分かりやすく書いてあります。同じく契約情報やサーバー情報の中に記載があります。

ローカルの初期フォルダとホストの初期フォルダは設定しなくても問題ありません。
ローカルの初期フォルダはサーバーにアップロードするファイルや画像などを保存している自分のパソコンのフォルダです。初期フォルダはアップロードする先のフォルダです。

FFFTPに必要な情報は、どのサーバー会社と契約してもFTPに関する情報としてまとめられていますので、契約情報さえ見つかれば迷うことはないでしょう。

WordPressをダウンロードする

FFFTPをダウンロード、インストールが完了したら、次はWordPressの日本語公式サイトにいって、WordPressをダウンロードします。「ワードプレス ダウンロード」と入力して検索すると、日本語-WordPressというタイトルが検索結果の一番上に表示されますので、クリックしてください。

画面が表示されたらページ中央よりやや下にある「WordPressを入手」ボタンをクリックしてください。

ダウンロード画面に移動します。画面右側上にある「WordPress4.9.1をダウンロード」ボタンをクリックしてください。(2018年7月24日現在、バージョンは4.9.7)

ダウンロードが開始されます。ファイルは圧縮されてダウンロードされますので、圧縮を解凍します。Windowsであれば右クリックをして「すべてを展開」をクリックします。指定した場所にファイルが解凍されます。

WordPressのファイルをFFFTPでサーバーにアップロードする

ダウンロードして解凍した、WordPressの最新版のファイルをサーバーにアップロードします。

例えば、サーバーに「wp」という名前のフォルダを作って、そこにWordPressのファイルを転送するとします。右側半分の画面にマウスを置いて右クリックします。メニューの中から「フォルダを作成」をクリックします。「作成するフォルダの名前を入力してください」という画面がポップアップするので、名称を入力します(ここではwp)。

次に、左側半分の画面でダウンロードし解凍したWordPressがあるフォルダを指定します。そうしたら、中身のファイルをすべて選択します。ツールから全選択をクリックしても出来ますし、Shiftキーを押しながらクリックしても大丈夫です。すべてのファイルを選択したら、上向きの青矢印をクリックするとアップロードが開始されます。この際、右側半分の画面でアップロードしたいフォルダが選択されているか(ここではwp)注意してください。

回線速度にもよりますが、ファイル数が結構あるので5分程度はアップロードにかかります。アップロードが完了したら、次はいよいよWordPressの手動インストールです。

WordPressを手動でインストールする方法

まだ、WordPressのファイルをアップロードしただけで、インストールは完了していません。WordPressのインストールを進めるために、WordPressのファイルをアップロードしたURLにアクセスします。

先ほどの例だと、wpという名前のフォルダを作ってアップロードしました。これを当社の場合だとすると、「https://bc-sol.com/wp」というURLにアクセスするということです。URLを直接入力してエンターキーを押すと、次の画面が表示されますので、「さあ、始めましょう!」ボタンをクリックします。

次のような画面が表示されます。普段、ITやWebに馴染みが無い人は、このページに来たとたんよく分からなくなってしまうことがあるようです。でも、大丈夫。契約しているレンタルサーバーの情報と突き合わせながら、1つ1つ入力していけば問題ありません。

次の画像はさくらインターネットでの設定の場合に参照する画面になります。その他のレンタルサーバーでも同じような項目がありますので、該当する項目を確認して入力していきます。画像は実在しない架空のデータベース名などを例示のためにいれてあります。

まず、データベース名。WordPressで使用したいデータベース名と説明があります。例でいくと、example_wpdb1です。どこのサーバーを利用しても、「データベース名」という項目がありますので、落ち着いて探してください。

次に、ユーザー名。データベースのユーザー名と説明があります。例でいくと、exampleです。「データベースユーザー名」だったり、「データベースアカウント名」のような項目がありますので、そちらを入力してください。

次は、パスワード。これは契約時点で初期パスワードが通知されます。初期パスワードを変更していなければ、そのまま。変更していれば、変更したパスワードを入力しましょう。

次が、データベースのホスト名。これは項目名だけだと分かりにくいかもしれません。説明の内容も意味が分からないと思います。例の場合は、sql9999.db.sakura.ne.jpです。ホスト名という言葉がなければ、さくらインターネットもそうですが、データベースサーバーと書かれている項目を探してください。それも無ければ。ちょっと乱暴ですが、契約書にデータベースの項目で使用していない項目があればそれを入力してみてください。そんなにデータベースに関する項目はありませんので、これで探せるはずです。

最後に、テーブル接頭辞。これは特に変更の必要はありません。説明にあるとおり、1つのデータベースに複数のWordPressをインストールする場合に、それぞれのWordPressでどのデータベースを使用するのか識別するために使用するものです。

各項目の入力が終わったら「送信」ボタンをクリックしてください。入力間違いがなければ、次の画面が表示されます。表示されていれば、「インストール実行」ボタンをクリックしてください。

次の設定画面が開きます。ここまで来たら、もうあとほんの少しです。

基本的には好きなように設定して大丈夫です。各項目の内容も画面に書いてある説明内容で分かると思います。

検索エンジンでの表示という項目だけ説明しておきます。ざっくりのイメージで大丈夫ですが、検索エンジンに登録して欲しくなかったらここにチェックをいれてください。例えば、ホームページをリニューアルするのに、今あるホームページを公開したままリニューアルサイトを作る場合です。リニューアルサイトを作っている間は、検索エンジンに登録する必要はありませんし、今あるサイトと重複するコンテンツが多ければ重複サイトとしてマイナス評価を受けてしまいます。

特に注意点もないですが、ユーザー名、パスワードはログインするときに必要ですので、忘れないようにしましょう。
入力が完了したら、「WordPressをインストール」ボタンをクリックしてください。

次の画面が出ましたら手動でのインストール完了です。

WordPress手動インストールで想定されるトラブル対処方法

実際に手動でWordPressのインストール作業を進めてもらうと、つまづくポイントはほとんどないと思います。大抵の方は、手順どおりにやればつまることなく、すいすい手動インストールが完了するはずです。

トラブルはどのようなケースが考えられるかというと、利用しているレンタルサーバーに関係する部分がほとんどでしょう。この事象が発生するのは、WordPressのログインです。手動でのインストールが完了して、ログインボタンを押すと・・・403エラーと呼ばれる「Forbidden」とか「権限がありません」みたいなエラー画面が表示されます。

自力でやっていてこの状況に陥ると、おそらく相当焦ると思います。せっかくここまで順調に進めてきて、あと少しなのになんだよ!と怒りを感じたり、サーバーを契約している会社に電話して確認するにも専門的な内容になりそうな気がして、憂鬱な気分になるかもしれません。

このような状況になってしまった場合は、次の方法を試してみてください。

アップロードしたWordPressのファイルの中に、.htaccessというファイルがあります。ffftpでこのファイルを右クリックしてください。そして、メニューの中から属性変更を選んでください。

ちょっと見えづらいかもしれませんが、現在の属性が「600」で表示されていることがあります。理由は専門的な内容になってしまうので、ここでは説明しません。知っておくべきことは、属性の値が600のままだとログインできないということです。

現在の属性を「604」に変更してください。そうすれば、ログインできるようになります。これはパーミッションと呼ばれるもので、ファイルに対する許可情報です。要は権限がないためサーバーがファイルにアクセスできない状態になっているので、権限を許可するという対応をします。

おそらくWordPressを手動でインストールした場合に発生するトラブルは、このパーミッションの問題くらいでしょう。もし、他にトラブルが発生して困っていれば教えてください。解決策を提示し、また、他に同じように悩む人が出ないよう、このブログの記事に反映したいと思います。

この記事を書いた人

代表写真

馬場 宏

インターネットに情報が氾濫する時代。テクニックやノウハウを追い求める人が多いことを憂う。中央省庁勤務時代に磨いた本質思考を武器に、テクニックやノウハウの背後にある普遍的な考えに基づくコンサルティングとWeb制作を行うことを得意とする。お客様に寄り添いながら、しつもんを駆使して問題解決を行う手法に定評がある。

最新の投稿

よく読まれている記事

テーマ

ページトップへ